2019.10.01
次世代住宅ポイントについてのご案内

カーポートの屋根が汚れる原因とお手軽な掃除方法

投稿日:2019年04月07日

カーポートの屋根が汚れる原因とお手軽な掃除方法

普段はあまり気にかけない場所ですが、ふとカーポートを見上げたときに屋根の汚れに気づくことがあります。カーポートの屋根の汚れは、経年劣化を早める可能性がありますので、定期的に掃除してキレイにしておきたいものです。この記事では、カーポートの屋根が汚れる原因、自分でできる掃除方法について解説します。

カーポートの屋根が汚れる原因

まずは、カーポートにどんな汚れがつくかを確認しておきましょう。いちばん多いのは、雨水による汚れです。雨が降るとキレイになりそうなイメージがありますが、雨には細かいホコリやチリが混ざっているため、水分が蒸発した後に、汚れとして残ってしまいます。また、風で舞い上がった砂埃が屋根に降り積もることもあるかもしれません。

そのほか、カラスやスズメ、ネコなどの動物による汚れもあります。カーポートの上に降り立てば足跡がつきますし、鳥がフンを落としていくこともあるでしょう。さらに、すぐそばに樹木、中でも落葉樹がある場合は、落ちた葉や折れた小枝などが付着することもあります。

自分でカーポートの屋根を掃除する方法

掃除のときに必要な道具は、屋根まで手が届く脚立、水をかけるためのホース、汚れを拭き取るぞうきんや柄のついたスポンジ、中性洗剤などです。

まずは水をかけて汚れを流し、ぞうきんやスポンジで拭き取ります。水だけで落ちない汚れがあるときは、その部分だけ薄めた中性洗剤をつけて拭いてみましょう。汚れが落ちたら、洗剤が残らないようにキレイにすすいでから、水分を拭き取ります。中性洗剤を全体に使ってしまうと洗い流すのが大変なので、部分使いがおすすめです。

落ち葉など、雨どいに詰まったゴミをキレイに取り除き、最後に支柱をぞうきんで拭いて仕上げましょう。

自分でカーポートを掃除するときの注意点

自分でカーポートを掃除するときには、いくつか気をつけたいポイントがあります。

屋根の上には乗らない

ひとつは、屋根の上には乗らないことです。一般的に普及しているカーポートの屋根は、ポリカーボネートという強度のある素材でできていますが、大人の体重を支えられるだけの強度は備わっていません。設置から年数が経っているカーポートの場合、紫外線などの影響で素材が劣化していることも考えられます。屋根に乗って掃除できればラクではあるのですが、危険なので絶対に乗らないようにしましょう。

アルカリ性や酸性の洗剤は使用しない

また、掃除をする際には、金属製のブラシやヘラ、有機溶剤入りの洗浄剤や、塩素系の洗剤、アルカリ性や酸性の洗剤は使用しないようにしましょう。落ちにくい汚れがあると、ついこういったものを使いたくなりますが、素材を傷つけたり、劣化させたりする可能性があります。

近隣に水が飛び散らないように注意

カーポートと隣家が密接している場合は、掃除の水しぶきや汚れが飛び散って迷惑をかけてしまう恐れがあります。十分に注意して作業しましょう。

カーポートの屋根は、雨水、砂埃、動物、樹木などさまざまな原因で汚れてしまいますが、自分で掃除することができます。屋根の上に乗らないこと、金属製のブラシや中性洗剤以外の洗剤は使わないことに注意して、掃除してみてはいかがでしょうか。もちろん、専門業者に依頼することもできます。無理のない方法で、カーポートをキレイにできたらよいですね。

カーポートの設置工事・交換を検討の方はこちら!
カーポートの設置工事・交換を検討の方はこちら

増税後もお得チャンス!リフォーム応援キャンペーン 2019/10/11(金) - 10/18(金) 18:00まで 2019/10/1(火) - 11/29(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

増税後もお得チャンス!リフォーム応援キャンペーン 2019/10/11(金) - 10/18(金) 18:00まで 2019/10/1(火) - 11/29(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

お電話でのお問合せ 電話番号 050-3533-0303 設置工事は
土日祝対応!
受付時間 平日10-17時まで(土日祝休)

見積りからご注文まで 簡単ネット対応最短1分簡単入力 見積り依頼に
最短1時間で回答します!