ご利用288万・工事実績117万件! 無料保証商品3年・工事10年!
キッチン・お風呂リフォーム キッチン・お風呂リフォーム500件突破!

2024/4/19(金) - 6/21(金) 18:00まで/

相見積もり大歓迎!他社の正式見積書を提示で最大5,000円値引

カーポートのフラット型とアール型について

現在のカーポートの屋根のデザインは、アール型とフラット型の2つが主流となっています。
アール型はR型・アール屋根、フラット型はF型・フラット屋根とも呼ばれます。
それぞれの特徴と違いをご紹介します。ご自身のお住まいに合うタイプ選びの参考にお役立てください。

目次

アール型とフラット型とは

カーポート屋根の形の特徴として、屋根が緩やかなカーブのあるアール型とシンプルで直線的なフラット型があります。性能や効果に大きな差はないので、好みで選んでも問題ありません。

ラウンド屋根のアール型(R型)

屋根先が緩やかにカーブし、やさしい印象とあんしん感がある、定番のアール型(R型)。
曲線によって見た目にやわらかさを与えることができます。

優しいアール型の曲線はどのようなタイプのお住まいにも合わせやすいデザインで、建てる場所を選びません。

アール型は2台用になると写真のようなドーム型になります。
2台用のカーポートの中では価格が一番安いため、最初に候補にあげられることが多いです。

フラット屋根のフラット型(F型)

屋根が直線的なので、スッキリかつ引き締まった印象を与えるフラット型。
今人気のあるモダンなデザインの住宅にあわせて、スタイリッシュな見た目のフラット型を選ばれる方も増えてきています。
アール型と比べて変形サイズにも加工して幅広く対応できるのも特徴です。

幅を取る2台用のカーポートでも、屋根が横に真っ直ぐなので、両端が降りるR型と違い窓や扉・垣根などの障害物を避けた設置がしやすいです。
また、リビングの前が駐車スペースになる場合、フラット型を窓より高い位置に設置すれば、リビングからの視界に圧迫感を感じることを避けられます。

後方支持タイプならフラット型

後方支持タイプのカーポートは、後ろ側に柱が集約されており、駐車も乗り降りもしやすく、見た目もすっきり。 基礎を大きくとる必要があるため設置条件はありますが、狭小地に便利な形なので人気が上がっています。
短辺となる後方で支えられるように、フラット型の屋根が使われています。

カーポートメーカーによっては、アール型カーポートを「アーチ型」と表記している場合があります。「アール型」と「アーチ型」は、どちらも屋根の形が緩やかにカーブしているタイプのカーポートを指します。

アール型とフラット型の違い

アール型もフラット型も、強度や性能においては、大きな差はありません。
では何故2種類あるのかというと、現在の住宅は直線を意識したシンプルモダンなデザインが主流になってきたためです。
エクステリアは住宅に合わせて考えられていますので、モダンな住宅に似合うスタイリッシュなフラットタイプの需要が高まったのです。

加工性の違い

フラット型のカーポートの場合、台形や斜めにもカットが出来るのが利点です。
カット出来る場所や角度には制限がありますが、狭小地・変形地でも加工することでカーポートの設置が可能になる場合があります。
アール型でも加工できる場合はありますが、フラット型の方がより敷地に合わせて加工が可能です。

吹き込みについて

アール型のカーポートは屋根の中央が高く、柱のある両サイドより空間にゆとりがあり開放感がありますが、 そのためどうしても雨の吹き込みも大きくなってしまいます。
フラット型のカーポートは高さにほぼ差がないため、同じ柱の高さのアール型と比較すれば雨の吹き込みは少なくなります。

さらにフラット型は道路側に屋根の傾斜をつけて設置しますので、より吹き込みは軽減されます。
また、左右と中央の高さに差がないため、窓の上に設置することで眺望を妨げることもありません。

積雪について

荷重が加わった時の力の分散が可能であり、雪がスルスルと落としやすい、積雪時の雪ハケの良さがアール型の利点の1つです。
しかし、積雪・豪雪地域向けの積雪対応カーポートでは、逆にフラット型が多くなります。
これは積雪地域では、積雪を左右の隣家へ落としてしまわないようにする必要があるからです。

費用面の違い

アール型とフラット型では、新しいフラット型の方が約1~2割程度高めになります。
アール屋根はカーポートの定番として、長く量産されている分、フラット屋根よりも価格が安くなっています。

アール型の当店おすすめ商品

生活堂オリジナルRポート

アリュースシリーズ

生活堂オリジナルのアール型カーポート。
1台用のアール型カーポートでは、他店ではありえない最安価格!工事費込で89,800円(税込)を実現! 2台用も大変お買い得なプライベートブランドのカーポートです。
他店では対応していない細やかなサイズ変更にも対応しています。

メーカー

生活堂オリジナル

屋根形状

アール型

台数

1台用、2台用に対応

オリジナルカーポートへ
最安89,800円(税込)~

YKK AP アリュースシリーズ

アリュースシリーズ

YKK APのアール型の定番、アリュースシリーズ。
「アリュース」シリーズは、レイナポートグランの後継モデル。シンプルでお求めやすい価格ながら、性能・強度・使いやすさ・施工性に優れ、YKK APで最も人気のあるシリーズの1つです。サイズ展開が豊富で、色々な敷地に対応します。コスパの割に高級感のある見た目も人気の理由です。

メーカー

YKK AP

屋根形状

アール型

台数

1台用、2台用、3台用に対応

LIXIL ネスカR ワイド

LIXIL ネスカR ワイド

ネスカRワイドは、スタンダードなデザインと価格の、2台用のR型カーポートです。
色や屋根材の選択肢も多く、当店の2台用カーポートの中は最もお安くご提供しております。

メーカー LIXIL 屋根形状 アール型 台数 2台用

このおすすめ商品
「LIXIL ネスカRワイド」へ
総額298,600円(税込)~が
キャンペーン特価で
5台限定 273,000円~

屋根形状 F型

フラット型の当店おすすめ商品

LIXIL ネスカF レギュラー

レイナポートグラン

ネスカFレギュラーは、スタンダードなデザインと価格のネスカシリーズのフラット型カーポートです。
本体のカラーや屋根材(ポリカーボネート板)の性能・色などのバリエーションの豊富さが魅力です。

メーカー LIXIL 屋根形状 フラット型 台数 1台用

このおすすめ商品
「LIXIL ネスカF」へ
総額145,800円(税込)~が
キャンペーン特価で
5台限定 143,000円~

LIXIL ネスカF ワイド

LIXIL ネスカR ワイド

上と同じLIXILのフラット型カーポート「ネスカFシリーズ」の、車が2台駐車できるワイドタイプです。
2台用フラット型の中では、一般地域での十分な強度とお求めやすい価格で人気です。

メーカー LIXIL 屋根形状 フラット型 台数 2台用

このおすすめ商品
「LIXIL ネスカFワイド」へ
総額370,900円(税込)~が
キャンペーン特価で
5台限定 353,000円~

当店おすすめカーポート

その他人気 商品
カーポート設置

その他カーポートのご案内

カーポートお役立ち情報