住宅設備住宅設備の施工事例集11,000件突破! キッチンキッチンリフォーム事例182 バスルームお風呂・浴室リフォーム事例239 お客様の声お客様の声2万件突破! 当店公式YouTube

キッチン・お風呂リフォーム

物流倉庫、住設機器の梱包をご紹介!トイレやガスコンロなどを安全にお届けいたします。

ネット通販で高価・大きな住設機器を購入することに不安という方も多いのではないでしょうか。
こちらのページでは、当店がトイレやコンロ、給湯器といった住設機器をお客様の元へお届けするまでの様子をまとめました。物流倉庫での商品管理、壊れ物の多い住設機器への当店独自の梱包、そしてチェック体制を整えた発送体制など、当店の取り組みを写真と動画を交えてご紹介します。

物流倉庫内の様子

目次

物流倉庫のご紹介

当店はサイト開設16年、ネット販売専門でトイレやビルトインコンロ、ビルトイン食洗機、給湯器といった住宅設備機器の販売と取替工事を専門に行っています。グループ全体の累計工事件数は100万件以上、ご利用件数は250万件を突破しました。

毎日本当にたくさんのご注文をいただいている中で大切なのは、お客様の元に早く、安全に商品をお届けすること。商品をきちんと管理するため、当店では物流倉庫での取り扱いにも注意を払っています。

物流倉庫の様子

当店の物流倉庫は、大阪・群馬・埼玉の3か所にあります。全て合わせると広さは約5,000坪!約3,000アイテム、10万個の商品の管理と保管を行っています。商品はすべてメーカー正規品です。
毎日約5,000点の商品が動くため、間違って出荷されないよう、二重三重のチェック体制を敷いています。

誤出荷を防ぐポイント

誤出荷防止イメージ

商品のピッキング作業の様子がこちらです。ピッキングとは、お客様からの注文データをもとに作成されたリストを参照しながら、倉庫内を回って該当する商品を取り出す作業のこと。きちんと声に出して確認して間違いを防止し、この後担当者を交代して声掛けしながら二重にチェックしています。

チェック工程はもう一度設けており、出荷前にさらに別の担当者が送り状と商品が一致しているかを確認します。複数名の目でチェックすることで、ミスを防止しているのです。

梱包のこだわり

梱包の様子

当店でも上位の売上を誇る、トイレの梱包の様子がこちら。写真は便器を梱包しているところです。
商品はメーカーが段ボールなどに入れているのでは?と思われるかもしれませんが、当店では一部の商品を物流倉庫にて、メーカー梱包の上からさらに独自の梱包作業を行っています

トイレなどの陶器を使った商品は割れやすいため、配送途中に商品が壊れてしまわないよう、段ボールの上から緩衝材で補強しています。
ガスコンロやIHクッキングヒーターでは天板などにガラスが使われていたり、洗面化粧台には鏡がついていたりと、住宅設備機器には壊れやすいパーツが多くあります。

安全対策

物流倉庫内作業の様子

物流倉庫内での商品の取り扱い方にもルールを設け、安全への配慮を欠かしません。
例えばこちらの写真では商品を運んでいますが、フォークリフトは常にバック走行するようにしています。これはフォークリフト停止時に、万一でも商品を落としたり、衝撃を与えないようにするためです。
また、商品を触る前には必ず手を消毒するなど、衛生面の対策もしっかり行っています。

注文を受けてからの流れ

注文を受けてから商品を発送するまでの、物流倉庫で行う工程の流れをご紹介します。※商品により一部異なります。

1.注文データを受け取る

作業イメージ
本社からお客様の注文データを受け取るところから、物流倉庫での工程がスタート。お客様の宛名が記載されている送り状と、倉庫内から商品をピックアップするためのピッキングリストを作成します。

2.商品をピッキング

ピッキングイメージ
広い倉庫内で、ご注文のあった商品を集めます。商品の間違いがないよう、ピッキング作業は複数名で行うなど、確認しながらの体制を取っています。それぞれの品番を1人が声出しし、1人が確認するといった二重チェックで作業し、棚から商品を移動させる時にも注意を払います。

3.梱包作業

梱包作業イメージ
当店の発送工程の大きな特徴として、独自の梱包が挙げられます。
商品は、メーカー出荷の時点で発泡スチロールの支えなど、緩衝材が入れてある場合もあります。しかしトイレ便器などの破損しやすい商品は、段ボールの上からさらに当店で用意した緩衝材などを使い、人の手で1つ1つ補強を行っています。
梱包材料を自社手配して独自の梱包を行う体制は、お客様に安心してご利用いただくことを考えた、当店の大きなポイントの1つです。

4.送り状(宛名)貼り付け

送り状準備イメージ
梱包を終えたら、送り状を発送物に貼り付けていきます。この時も担当者複数でチェックし、漏れのないようしっかりと最終確認を行っています。

5.出荷

出荷イメージ
入念に梱包、確認を行うと、運送会社が荷物のサイズを確認し、いよいよ出荷です。物流倉庫の担当者がトラックに積み込むところまで責任を持って行い、物流倉庫での発送工程は完了となります。

当店の物流倉庫を動画でご案内

注文を受けてから商品を発送するまでの一連の流れや、商品の梱包・誤出荷をしないためのポイントを盛り込んだ紹介動画です。倉庫内部の様子、作業の様子もお伝えしています。