トイレ・便器の選び方

トイレ・便器の形状を選ぶ

トイレ・便器には、大きく分けて「組み合わせ便器」「便座一体型トイレ」「タンクレストイレ」の3種類のタイプがあります。それぞれ「価格」「デザイン」「使い勝手」などに違いがあります。各ご家庭に合った快適なトイレを選びましょう。

  • 組み合わせ便器

    組み合わせ便器

    TOTO「ピュアレストQR」
    LIXIL「アメージュZ」など

    組み合わせ便器は、最も普及しているトイレです。独立した便器・タンク・便座を組み合わせた形状で、便座(ウォシュレット)は別売りになります。
    最もお求め安い価格となります。組み合わせる便座によって機能を選ぶことができ、故障した時も便座のみを交換することが出来ます。また、タンク上部の、手洗いの有無が選べます。

  • 便器一体型トイレ

    一体型トイレ

    TOTO「GGシリーズ」
    LIXIL「アステオ」など

    便器・タンク・便座(ウォシュレット)が一体型のトイレです。手洗付きと手洗無しが選べます。
    凹凸が少ないデザインなので、お掃除ラクラク!組み合わせ便器と比べて、一体感があるデザインです。

  • タンクレストイレ

    タンクレストイレ

    TOTO「ネオレスト」
    LIXIL「サティス」
    パナソニック「アラウーノ」など

    水を溜めるタンクがない、タンクレストイレ。デザインにこだわる方に人気の種類(タイプ)です。
    凹凸が少ないデザインなので、お掃除ラクラク!また、タンクがないので高さが抑えられ、トイレルームが広く見えます。

トイレ・便器の排水芯の設置タイプを選ぶ

便器には、『床排水』と『壁排水』の2種類のタイプがあります。戸建て・マンションの殆どは床排水タイプですが、マンションで便器の後側から壁との間に太い排水管がある場合は壁排水タイプです。
現在設置されている便器の排水方式と同じ方式の便器をお選び下さい。

排水芯の幅や高さは[実際の寸法]または[便器の品番]のいずれかより確認できます。

①[実際の寸法]で排水芯の確認をする

  • 戸建て・マンション

    新築、または平成7年頃以降に設置
    されたトイレの場合
    床に接続された排水管を通って水が流れます。排水管は便器の下にあるため、目では確認できません。排水芯200mmタイプが設置可能です。

    床排水200mm

    設置タイプ画像を拡大する ▲

  • 戸建て・マンション

    築後10~30年
    トイレの場合
    幅広い排水芯に対応できるリフォームタイプ(リモデル便器)を使用します。これにより、ほとんどの便器が床工事無しで取替可能です。

    床排水リモデル

    設置タイプ画像を拡大する ▲

  • マンション

    床から排水管中央までの高さが120mmの場合 一部のマンションで使われている排水方式で、壁に接続された排水管を通って水が流れます。排水管は便器の後ろから壁に向かって接続されているので、目で確認できます。(便器の奥に太い排水管が出ています)

    壁排水120mm

    設置タイプ画像を拡大する ▲

  • マンション

    床から排水管中央までの高さが155mmの場合 一部のマンションで使われている排水方式で、壁に接続された排水管を通って水が流れます。排水管は便器の後ろから壁に向かって接続されているので、目で確認できます。(便器の奥に太い排水管が出ています)

    壁排水155mm

    設置タイプ画像を拡大する ▲

便器の品番で排水芯/
排水の高さを確認する

期間限定キャンペーン:2018/12/14(金) - 12/28(金) 18:00まで ※商品の注文がキャンペーン期日を過ぎますと
キャンペーン価格対象外となります。

お電話でのお問合せ 電話番号 050-3533-0303 設置工事は
土日祝対応!
受付時間 平日10-17時まで(土日祝休)

見積りからご注文まで 簡単ネット対応最短1分簡単入力 見積り依頼に
最短1時間で回答します!