1. 生活堂トップ
  2. ビルトインガスコンロ
  3. ビルトインガスコンロの安全装置・安全機能

ビルトインガスコンロの安全装置・安全機能

リンナイ、ノーリツ、パロマなどから数多くの製品が発表されているビルトインガスコンロ。
Siセンサーコンロ、自動消火機能、消し忘れ防止機能、など、ビルトインガスコンロには様々な安全装置・安全機能が設けられています。ここでは各安全装置・安全機能について、詳しくご案内します。

安全機能解説 ビルトインガスコンロの安全機能
Siセンサーコンロとは

Siセンサーコンロは、安心機能と便利機能を充実させるため、すべてのバーナーに一歩進んだ賢い温度センサーを搭載したコンロです。3つのSと、「賢い(Intelligent)」センサーが名前の由来です。

「Safety」…安全
天ぷら油の発火を防ぐ過熱防止装置や、火の消し忘れ時の消火機能、吹きこぼれなどで火が消えた場合にガスを止める安全装置を搭載しています。

「Support」…便利
Siセンサーを利用したコンロ炊飯機能や火加減の調節機能、油の温度を一定に保つ機能を一部機種に搭載。

「Smile」…笑顔
Siセンサーコンロでクッキングの楽しみが拡がり、家族の食卓が笑顔でいっぱいになります。

安全機能解説 ビルトインガスコンロの安全機能
Siセンサーコンロの図解

Siセンサーコンロには「調理油過熱防止装置」「立ち消え安全装置」「コンロ・グリル消し忘れ消火機能」が搭載されています。

法制化により、2008年10月以降家庭用のガスコンロは法制化され、現在は全口センサー搭載が義務化されています。3つの安全機能(調理油過熱防止装置、立ち消え安全装置、コンロ・グリル消し忘れ消火機能)を標準でつけることになったのです。

グリル付三口ガスクックトップ(1999年最終製造)RBG-30B2-Bの例
右バーナーにのみ安全装置が搭載されています。

デリシア(2018年発売)RHS72W22E4V2D-STWの例
すべてのバーナーに安全装置が搭載されています。

調理油過熱防止装置

センサーが鍋底の温度を感知し、鍋底が約250℃になると作動して油の発火を防止します。危険温度になる前に消火するので安全です。

立ち消え安全装置

煮こぼれや風などで万一火が消えてしまったら、自動でガスを止める機能です。火が消えたのにガスは出たままという危険な状態を防いでくれます。

コンロ・グリル消し忘れ消火機能

火を消し忘れても、約2時間で自動消火します。鍋の空焚きや煮込み料理の焦げつき、火災の防止に安心です。※自動消火の時間は機種により異なる場合があります。

センサーのある場所

写真赤丸…温度センサー

鍋底の温度を常に感知するのが、温度センサー。
温度を一定に保ったり、火加減を自動で制御する役割を担っています。また異常な温度上昇を検知した時、すみやかに消火するのもこのセンサーによるものです。

写真青丸…炎検知センサー

こちらの炎検知センサーは、火が消えた時にガスを止める役割を持っています。たとえば煮こぼれや風によってコンロの火が消えてしまった時、センサーが炎の熱で立ち消えを感知して自動的にガスを止めるようになっています。

※安全装置・機能は機種により一部非対応の場合があります。

安全機能解説 Siセンサーコンロ
国、業界、メーカーの安全基準・安全装置

ビルトインガスコンロの安全基準は何重にもなっています。
まず国が定めた安全基準は調理油過熱防止装置立ち消え安全装置の2つ。
そこに業界の安全基準である消し忘れ消火機能早切れ防止機能の2つが加わります。

その上でさらなる安全のため、メーカー各社が焦げつき自動消火機能、鍋なし検知機能、グリル過熱防止センサー、グリル防炎機能、感震停止機能など、バーナー部分だけでない様々な機能をコンロに盛り込んでいます。

焦げつき自動消火機能

煮もの調理などで水分がなくなった時など、お鍋の焦げつきを初期段階で検知し自動消火する機能です。焦げつき始めたことを感知すると自動で消火するので、鍋底全体がひどく焦げついたり、火災に至る心配を払拭してくれます。
※まったく焦げつかないわけではありません。

鍋なし検知機能

鍋を置いていない状態だと点火しません。また点火している状態で鍋をバーナーから離すと自動的に弱火になり、一定時間後に自動消火します。火の消し忘れを防止してくれる安全機能です。

グリル過熱防止機能

コンロのバーナーだけでなく、グリルのバーナーにも搭載されている温度センサー。このセンサーが庫内温度をチェックして、異常な温度上昇を検知すると自動消火します。

グリル防炎機能

コンロのバーナー奥にある排気口からグリルの火があふれるのを防止する安全機能です。フレームトラップ【グリル排気口遮炎装置】など、メーカーにより名称は異なります。

感震停止機能

一定以上の震度相当の揺れを感知すると、自動的にガスをストップします。突然の揺れにも自動でガスを遮断してくれる安全機能です。メーカーにより「揺れピタ」などの名称がついています。

早切れ防止機能

Siセンサーコンロには早切れ防止機能という機能が搭載されています。
炒めものなど高温の調理でも早切れ(途中消火)せず、弱火・強火を繰り返して自動的に火力を調節する機能です(約30分間この状態が続き、その後自動消火します)。※機能が作動していても、一定温度に達すると消火する場合があります。

参考:リンナイ公式サイト

高温モードはすべてのビルトインガスコンロに搭載されています。あぶり料理などにもよく使われることから、あぶり・高温炒めといった名前で呼ばれていることもあり、いわば一時的にセンサー解除を行うモードです。
他にも鍋をふる料理や圧力鍋の調理など、通常より高い温度でコンロをお使いいただく場合に便利な機能です。

※安全装置・機能は機種により一部非対応の場合があります。

安全機能解説 料理にも役立つSiセンサーコンロ

Siセンサーコンロは、安全面だけではなく、お料理でも活躍します

Siセンサーコンロは安全装置というだけではありません。搭載された温度センサーは、調理の手助けもしてくれます。お料理ももっとラクに、楽しく!

温度調節機能

揚げ物をする時、難しいのが温度管理。この温度管理で頼もしいのが温度調節機能です。設定した温度まで加熱すると油の温度を一定にキープしてくれるので、唐揚げや天ぷら、フライなどを作るのが楽になります。

自動炊飯機能

専用土鍋との組み合わせで、自動で火加減調節をしてくれ、コンロで自動でご飯が炊けます。自分で火加減を見ながらのガス炊飯にハードルを感じていた方にも安心、炊飯器をなくしてキッチンをすっきりさせたい方が土鍋を採用することもあるそうです。

焦げ付き消火機能

煮物などで水分がなくなり、焦げ付き始めると自動消火する機能です。※全く焦げ付かなくなるわけではありません。

湯沸かし機能

お湯が沸いたら自動で火を消してくれるので、ついうっかりがありません。安心で便利な機能です。また自動で消火=余分な加熱をしないので、エコかつ省エネでもあります。

※安全装置・機能は機種により一部非対応の場合があります。

その他人気商品 その他のコンロのご案内

下記より当店のビルトインガスコンロの人気シリーズをご覧いただけます。
ガスコンロメーカーで人気のリンナイ、ノーリツ、パロマのコンロを多数お取扱いしております。ぜひお気軽にお見積りください。

おすすめシリーズ

メーカー別シリーズ一覧

ガスコンロお役立ち情報

ビルトインガスコンロのTOPへ戻る

お電話でのお問合せ 050-3533-0303 設置工事は
土日祝対応!
受付時間 平日10-17時まで(土日祝休) 見積りご希望のお客様は商品を選んでネットからご依頼ください。

  • キャン
    ペーン
    開催中

くらしの応援リフォームキャンペーン 2020/7/31(金) - 8/7(金) 18:00まで 2020/7/31(金) - 10/2(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

くらしの応援リフォームキャンペーン 2020/7/31(金) - 8/7(金) 18:00まで 2020/7/31(金) - 10/2(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。