2019.10.01
次世代住宅ポイントについてのご案内

カーポート・ガレージの設置に必要な建築確認申請の方法とは?

投稿日:2019年07月31日

カーポート・ガレージの設置に必要な建築確認申請の方法とは?

カーポートやガレージを設置するときには、法律に基づき、建築確認申請が必要となるケースがあります。そういわれても「具体的になにをしたらよいの?」と悩んでしまう人が多いのではないでしょうか。カーポートやガレージを設置したいと考えているのであれば、建築確認申請について知っておきましょう。この記事で、わかりやすく解説します。

カーポート・ガレージを設置するときは建築確認申請が必要

カーポートやガレージを設置するときには、建築基準法や都市計画法などの定めるところにより、建築確認申請が必要となるケースがあります。違反すると罰則が課されることもあります。

建築確認申請が必要となる条件

建築物を建てる際には、建築基準法や都市計画法により「申請書を提出して建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければならない」ということが規定されています。建築確認申請が必要となる条件は「土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱、もしくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む)」となっています。カーポートやガレージは土地に定着し、屋根と柱を有する構造ですから、基本的には建築物として扱われることになります。

ただし、床面積が10平方メートルに満たず、防火地域および準防火地域ではない地域に建築物を設置する場合など、申請が不要とされるケースもあります。カーポートやガレージを設置する際は、これらの条件をきちんと確認し、申請が必要かどうかを判断しなければなりません。もしも、自分の住んでいる地域が防火地域や準防火地域であるかどうかがわからない場合は、役所やインターネットで調べることができます。
もちろん、建築士など専門家に依頼することもできます。専門家に判断してもらった方が安心かもしれません。

建築確認申請の方法

建築確認申請は、基本的には建築主(施主)が行うことになっています。ただし、付近見取り図、立面図、配置図などの図面を提出しなければなりません。図面を描くには専門知識が必要ですので、素人にはハードルが高いといえます。そのため、建築士などに申請を代行してもらうのが安心です。建築確認申請をする方の多くは、専門家に代行を依頼しているようです。

DIYによる無許可設置に要注意

DIYが得意だから「申請せずにカーポートを設置してしまおう」と思う人もいるかもしれません。しかし建築確認申請をせずに設置したことが判明した場合は、罰則により移動や撤去をしなければならなくなる可能性があります。「ばれないだろう」「申請が面倒だから」という理由で建築確認申請をしなかったばかりに、痛い目を見るのは自分です。違法行為は絶対にやめましょう。

屋根と柱があり、土地に固定して設置するカーポートやガレージは基本的には建築物として扱われますので、建築確認申請が必要になるケースがあります。申請の際は、図面などを用意しなければならず、専門知識がないと少々難しい面があります。カーポートやガレージの設置を考えているのであれば、専門業者や建築士と相談しながら進めていくと安心です。くれぐれも法律違反になることのないよう、気をつけましょう。

カーポートの設置工事・交換を検討の方はこちら!
カーポートの設置工事・交換を検討の方はこちら

  • キャン
    ペーン
    開催中

増税後も安心&お得!工事実績50万件達成キャンペーン 2019/11/8(金) - 11/15(金) 18:00まで 2019/10/1(火) - 11/29(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

増税後も安心&お得!工事実績50万件達成キャンペーン 2019/11/8(金) - 11/15(金) 18:00まで 2019/10/1(火) - 11/29(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

お電話でのお問合せ 電話番号 050-3533-0303 設置工事は
土日祝対応!
受付時間 平日10-17時まで(土日祝休)

見積りからご注文まで 簡単ネット対応最短1分簡単入力 見積り依頼に
最短1時間で回答します!