住宅設備住宅設備の施工事例集11,000件突破! キッチンキッチンリフォーム事例182 バスルームお風呂・浴室リフォーム事例239 お客様の声お客様の声2万件突破! 当店公式YouTube

最安値保証 キッチン・お風呂リフォーム

ウォシュレットをご自身で取り付ける場合(DIY)の注意点

設置場所で初めに確認して下さい。

トイレ内にコンセントがあるか確認

DIYに取りかかる前に、まず初めに電源コンセントの有無を確認します。ウォシュレットは電気製品のため、トイレ室内に電源コンセントが必要だからです。

ウォシュレットを延長コードでつながないようにしてください

トイレ室内に電源コードがないため廊下のコンセントから延長コードでつなぐ、といった使用方法は非常に危険です。廊下などのコンセントから延長コードを使用しての温水洗浄便座の設置は危険ですのでお控え下さい。
延長コードを使用してウォシュレットを設置すると、結露や水滴がかかり、感電や漏電による火災につながる可能性があり大変危険です。

○ 取り付け可能なトイレのタイプ

  • 組み合わせ便器

  • フラッシュバルブ型便器

  • 隅付タンク式便器

別途部材・工具が必要な場合があります。

× ウォシュレット取り付け不可のトイレ

  • 一体型トイレ

  • タンクレストイレ

  • システムトイレ

取り付け不可の場合、DIYではなく当店へ工事も合わせてご依頼頂き、便器までまるごと取り替えることをおすすめします。当店ではクッションフロア(床材)やクロス(壁紙)の貼替えまでまとめてご依頼いただけますので、トイレリフォームでぴかぴかに生まれ変わります!

取付に使用する工具

DIYに慣れている方は工具をたくさん揃えていますが、初めての方や大掛かりなDIYは未経験という方は、DIY用に工具を買い揃える必要があります。専門的な工具が求められる場合もありますので、DIYにこだわらず、難しいと思ったら当店へ工事をご依頼ください。

必要な工具

プラスドライバー、スパナ(マイナスドライバー機能付)、便座締付工具

あれば便利な工具

モンキーレンチ、ウォータープライヤー

  • 便座締付工具

  • スパナ

  • ウォータープライヤー

取付方法と注意点

※こちらの手順は一般的な組み合わせ便器の場合です。

1.止水栓を閉めて水を止める

  • 初めに、トイレタンクの横についている止水栓を閉めます(ハンドル式以外の止水栓の場合はマイナスドライバーを使用します)。止水栓を閉めても水が止まらない場合は、水道メーターのあたりにある止水栓を閉めてください。
    その後一度トイレを流してみて、水が止まっているかを確認してください。

    止水栓にはハンドル式、ドライバー式、内ネジ式などの種類があります。

2.既存給水管を取り外す

  • 工具を使い、しっかり押さえながらゆっくりとナットを緩め、既存の給水管を取り外します。ウォシュレット取替で便座も既設品がある場合は、古い分岐金具も取り外して下さい。
    DIYでは、既設品の取り外しが1つのポイントです。ナットやねじは固着して外せず、DIY慣れしていないと潰してしまったりしてどうにもできなくなることがありますので、DIYにこだわらず、無理だと思ったら工事依頼をご検討ください。

    ポイント

    給水管を取り外す時、管から水がこぼれる場合があります。床が濡れないよう、あらかじめ雑巾などを敷いておくと良いです。

3.分岐金具を取り付ける

  • しっかりと止水栓を押さえ、ウォシュレットに同梱してある分岐金具を取り付けます。この時必ず、ウォシュレット付属のパッキンを間に挟んでください。

    ポイント

    古いパッキンは外して、ウォシュレットに同梱してあるパッキンを取り付けてください。古いパッキンを使い続けると、経年劣化により不具合の原因となることがあります。

4.フレキシブル管を取り付ける

  • ナット部分にパッキンが入っているかどうかを確認し、フレキシブル管の取り付けを行います。

    ポイント

    ポールタップ本体が回らないようにしっかり持って、ナットを締めて下さい。傾いて取り付けてしまうと接続が悪くなり、止水不良の原因となる場合があります。

5.既存の便座を外す

  • 既存の便座を固定してあるナットをゆるめ、便座を外します。ナットをゆるめるのには便座締付工具を使用します。
    便座を外した後、便器側に汚れがあった場合は汚れを拭き取っておきます。便座はなかなか取り外すことがないので、きれいにしておくチャンスです。取替DIYは「古いものを外す」ことでもあるので、掃除する絶好のタイミングです。

6.ベースプレートを取り付ける

  • 便座取付穴にゴムブッシュを差し込んだ後、ベースプレートをネジで締めて固定してください。。
    プレートが動かないように、しっかり固定してください。プラスドライバーでの作業になりますが、ネジ山を潰してしまわないよう注意します。DIYではネジを潰してしまって進退窮まり、工事依頼していただいた後でも時間がかかったり、工事をお受けできない状態になってしまうことがありますのでご注意ください。

    ポイント

    ゴムブッシュは、表面を水で濡らしておくと差し込みやすくなります。

7.ウォシュレットを取り付ける

メーカーにより取り付け作業に違いがあります。

  • TOTO製品の場合

    ウォシュレットを、ステップ6で取り付けたベースプレートに差し込みます。カチッと音がするまで押し込んで下さい。

    ポイント

    正しく取り付かなかった場合は、ウォシュレット本体を一度外し、ベースプレートをセットし直して下さい。

  • パナソニック製品の場合(一部TOTO製品含)

    取り外した穴に本体を固定し、便座を取り付けます。

8.給水ホースを接続する

メーカーにより取り付け作業に違いがあります。

  • TOTO製品の場合

    分岐水栓に、給水ホースの袋ナットを締め付けます。その後止水栓をゆっくりと開けます。

  • パナソニック製品の場合(一部TOTO製品含)

    給水ホースを差し込んで、クイックファスナーで止めます。クイックファスナーは必ず取り付けて下さい。

ポイント

給水ホースを折り曲げたり、つぶしたりしないように配置してください。

9.電源の接続・試運転

  • 電源プラグを差し込み、電源を入れます。必ず試運転を行い、水漏れがないか確認してください。
    問題がなければこれでウォシュレット本体の取り付けは完了、袖リモコンタイプはDIY終了です。

    ポイント

    配管接続部の緩みがないかを再確認してください。万一水漏れがあれば再施工を行い、水漏れを止めて下さい。

袖リモコンタイプの場合はこれで設置完了です。壁リモコンタイプの場合はリモコンを壁に取り付ける工程がありますので、10以降の手順が発生します。

【壁リモコンの場合のみ】10.リモコンの動作確認と、取り付け位置の決定

  • まずリモコンホルダーからリモコンを外して、電池を入れ、動作するか確認します。動作確認はリモコンの取り付け位置を決めてしまう前に行いましょう。

    壁リモコンタイプは、トイレの壁のどこにリモコンを取り付けるかも決める必要があります。遠すぎて手が届きにくくないか?逆に近すぎて操作する時きゅうくつではないか?などの点を考慮し、実際に使用する時使いやすいよう、便座に座った状態で決めることをおすすめします。

    ポイント

    使い始めてから意外と気になるのが、水平かどうか。取り付け位置が使いやすいかだけでなく、斜めになっていないかも気にしながら位置決めをすると◎です。DIY慣れしていないとつい見過ごしてしまうポイントです。

【壁リモコンの場合のみ】11.リモコンの受信状態を確認する

  • リモコンのボタンを押して、受信状態を確認します。ここではリモコンはまだ取り付けてしまわず、リモコンを取り付け位置に手で保持しながらの確認を行ってください。
    本体がきちんと反応すると、一般的な温水洗浄便座は受信音がします。

【壁リモコンの場合のみ】12.リモコンを仮止めし、再度受信確認する

  • 次は仮止めです。壁面の汚れを拭き取ってから、リモコンホルダーの裏面に両面テープを貼り付けて仮止めを行います。
    そして仮止めしたホルダーにリモコンをセットします。着座して、実際に受信しているかを再度確認できたら仮止めは完了です。

【壁リモコンの場合のみ】13.リモコンをネジで固定する

  • いよいよ壁への固定です。セットしたリモコンを一度外し、リモコンホルダーをネジで固定します。

    ポイント

    壁が石膏ボード・タイル・コンクリート壁の場合はアンカープラグを使ってリモコンを固定してください。
    DIYに不慣れだと、壁の素材が判別できないということがよくあります。そういった場合は強行突破を試みず、工事依頼を検討することをおすすめします。

【壁リモコンの場合のみ】14.リモコンをホルダーにセットする

  • リモコンをリモコンホルダーにセットしてみて、確実に固定されているかを確認します。固定が確認できたら壁リモコンタイプのウォシュレットも取付完了です!

ご注意下さい

こちらの流れは一般的な組み合わせ便器の場合のDIY取り付け方法の流れとなります。リモコン洗浄モデルなど他のタイプの場合は、別途リモコン洗浄ユニットの取付の作業などが発生いたします。
当店ではDIYのやり方や、DIY全般についてのお問い合わせは受け付けしておりませんので、あらかじめご了承ください。

DIY手順や必要な部材・工具に関しては、施工説明書を必ずご確認ください
また本ページの手順で不具合・問題が起きた場合の責任は負いかねます。
少しでもDIYや製品知識など、不安がある場合は弊社の設置サービスをご利用下さい。

DIYでウォシュレットを取り付ける場合、失敗の恐れもあります

DIYは現在ネット上の情報も多く、簡単に見えますが、ウォシュレットの取り付けは素人の方が行って失敗してしまい、元に戻せなくなってしまうこともあります。
また、最初に情報をしっかり把握し、ご自宅にあった商品を購入しないと、DIY慣れしていても取り付ける際に合わない場合があります。十分にご注意下さい。

  • ・取り付け位置が異なる商品を買ってしまい、結局買い直すはめになった
  • ・フレキ管を曲げすぎて漏水してしまった
  • 配管が古くて元に戻せなくなり、結局DIY中止。工事を頼むはめに…
  • ・部品や、持っていなかったDIY用の工具で最終的な費用が高くついた

問題が起きた後に工事依頼する場合、追加料金がかかります。

後から工事依頼する際の追加料金

DIYで取り付けがきちんとできていなかったなどで、階下の天井や照明、家電製品に浸水し、リフォーム費用・家電の新調など費用負担が必要になる場合があります。
特に集合住宅では、トイレからの水漏れはそのまま階下の別のお宅の居室に流れていくため、注意が必要です。マンションで温水洗浄便座を取り替えて漏水し、階下の居室に数百万円といった甚大な漏水被害が発生する事例があります。金銭的な被害だけではなく、ご近所付き合いにも影響する可能性は十分にあります。

水漏れ復旧工事の例

  • 給水管止水栓~タンク接続間 復旧…3,600円(税込)
  • 給水菅アングル~タンク接続間 …8,200円(税込)
  • 壁内給水管の破損 … 当社対応不可

※緊急対応は行っておりません。便座取付工事ご依頼時に対応致します。

安全・安心な取り付けなら弊社にお任せ下さい

工事実績100万件突破!充実の施工体制

お客様より多くの信頼をいただき、おかげさまでご利用件数250万件、工事実績100万件を突破いたしました。安心して工事をおまかせいただけるよう、スタッフも日々研鑽に努めております。

安心・安全!温水洗浄便座の取付工事はこちら

ウォシュレットの取付工事までお申込みになる場合は、商品と工事がセットになった商品をご購入いただくか、工事対応ウォシュレットと一緒に下記工事費をご購入ください。

ウォシュレット・温水洗浄便座ページへ

※工事費はリモコン一体型や壁リモコンタイプなど、ウォシュレットのタイプや設置方法により異なります。お間違えのないようご注意ください。

温水洗浄便座の施工事例

おかげさまでリフォーム実績
100万件突破!

温水洗浄便座交換では累計6万件突破しました!※2021年4月現在
当社でリフォーム頂いたお客様です。こんなに喜んで頂きました。

当店でリフォームしたお客様。こんなに喜ばれています!

    当店の施工事例をもっと見たい方はこちら

    トイレ周りのお役立ち情報

    ウォシュレット・温水洗浄便座のみ、トイレ全般のリフォーム、トイレの床(クッションフロア)や壁の交換、併せてご依頼いただくことの多い洗面化粧台リフォームなどについてのお役立ちコンテンツをまとめました。