ご利用288万・工事実績117万件! 無料保証商品3年・工事10年!
キッチン・お風呂リフォーム キッチン・お風呂リフォーム500件突破!

ウォシュレット・温水洗浄便座 選び方のポイント

温水洗浄便座

当店では、TOTOウォシュレット®、LIXIL、パナソニック、東芝など人気メーカーの温水洗浄便座を数多く取り揃えています。
各メーカーそれぞれ、お手頃な価格帯のシンプルモデルから、高機能なハイグレードモデルまで機能も様々で、清潔機能やエコ機能も向上しています。

こちらのページでは便座のタイプの違いや温水供給方法の違い、また、おすすめ機能や迷いやすい選び方のポイントも解説しています。ぜひ便座の買い替えや、取付交換工事、後付け工事などにお役立てください。

※2023年9月時点の情報となります。現行とは異なる場合がありますので、ご了承ください。
※画像はイメージです。

目次

便座の種類の違い

便座の種類は大きく分けて「ウォシュレット・温水洗浄便座タイプ」「暖房便座タイプ」「普通便座タイプ」の3つに分類できます。 それぞれの特徴やメリット・デメリットなどを説明します。

  • ウォシュレット・温水洗浄便座

    温水洗浄便座

    温水洗浄機能の付いた便座で、現在最も流通しているタイプとなります。おしり洗浄はもちろん、暖房便座や、脱臭機能、ノズル自動洗浄、着座スイッチなどさまざまな機能が付加されたものがあるので、ご希望の機能が実装された便座を選ぶことができます。
    温水で汚れを落とせるため、トイレットペーパーで拭く回数を減らすことができます。

  • 暖房便座

    暖房便座

    便座に暖房機能が付いているタイプで、冬の寒い時でも温かい便座を使用できますが、おしり洗浄機能などはついていません。
    どうしてもノズルなどの清潔面・衛生面に抵抗感がある方は、このタイプを選ぶ方が多いです。

  • 普通便座

    普通便座

    何の機能もなくシンプルな便座です。電力を使用しないので電気代はかかりませんが冬場では便座が冷たいなどのデメリットがあります。エロンゲート・レギュラー兼用のものが多く、ほとんどの洋式便器に設置が可能となります。

便座の温水供給方法(お湯のタイプ)

便座のお湯の供給方法には、便座のタンクに水を貯めて電気の力でお湯にする貯湯式と、瞬間的にお湯にする連続出湯式があります。
瞬間式(連続出湯式)タイプは、電気代が安いため省エネで人気がありますが、ハイグレードモデルに搭載されているケースが多く、商品自体の価格は高い傾向があります。

  • 貯湯式

    貯湯式

    貯湯式は、お湯を内蔵されたタンクに貯めておくタイプです。本体価格が安いのでお手軽に交換することができます。
    ただし、お湯を常に温めながら貯めておくタイプのため、瞬間式に比べると電気代が高くなります。また、一度に大量の温水を使うと湯切れしたり温水の温度が下がってしまう場合があります。

    年間電気代(※) およそ4,370円~

    貯湯式の便座へ

  • 瞬間式

    瞬間式

    瞬間式は、水を洗浄時に瞬間的にお湯にするタイプです。貯湯式と比べると本体価格は高くなりますが、使う時だけお湯をつくるため電気代の費用は抑えることができます。
    連続使用してもお湯を沸かし続けられるので、湯切れしたり温度が下がったりすることはありません。

    年間電気代(※) およそ2,570円~

    瞬間式の便座へ

※貯湯式:パナソニックERXシリーズ、瞬間式:パナソニックRRTKシリーズの場合。電力料金目安単価31円/kWh。

※参照:パナソニック「温水洗浄便座の電気代と節電機能は」

便座のリモコンの違い

便座を操作するためのリモコンには、便座本体の側面に一体化している「袖リモコン」タイプと、トイレ室内の壁に取り付ける「壁リモコン」タイプがあります。
それぞれの特徴を確認して、ご自宅に最適なリモコンを選びましょう。

  • 袖リモコン

    袖リモコン

    袖リモコンは、便座本体の袖にあるボタンで操作するタイプのリモコンで、壁に穴を開けずに設置できるので気兼ねなく導入することができます。
    また、シンプルな袖リモコンタイプは、お求めやすい価格帯であることが多いので、機能はそんなにいらないというお客様には大変人気があります。
    デメリットとしては、リモコンが便座の横にあるため「横幅のスペースが余分に取られる」「操作するときに身体をひねる必要があるので少し煩わしい」と感じる方もいるようです。

    袖リモコンの便座へ

  • 壁リモコン

    壁リモコン

    壁リモコンは、トイレ室内の壁に設置されたリモコンで、便器の洗浄機能や、便座の温度調整、便座のフタを開閉してくれる機能など、メーカー毎に多種多様な機能を取り揃えていることが特徴です。
    壁に設置されているため、便座・便器周りの邪魔をしないので、お掃除がしやすく見た目もスッキリしています。
    デメリットとしては、袖リモコンタイプよりも価格が高く、また壁に穴を開けなくてはならないので、賃貸住宅などでは設置することができない場合があります。
    壁リモコンには、リモコンからボタンで洗浄できるタイプと、トイレのレバーから手動で洗浄するタイプがあります。

    壁リモコンの便座へ

便座のサイズについて

洋風便器の大きさには、大型サイズ(エロンゲートサイズ)と標準サイズ(レギュラーサイズ)の2種類あり、現在発売されている便器のほとんどはエロンゲートサイズになります。
便座は、便器の上に設置されるので、希望する便座が設置したい便器に対応するかは事前に確認しておきましょう。サイズの違いは、便座取付穴から便器先端までの寸法によって決まります。

もっと詳しく便座のサイズについてや、自宅トイレに便座が設置できるのかチェックしたい場合は、こちらの「ウォシュレット購入前のチェック」ページをご覧ください。

便座のサイズ

  • 大型サイズ(エロンゲートサイズ)

    便座の取付け穴から便器先端までの長さが約470mmに対応しています。

  • 標準サイズ(普通・レギュラーサイズ)

    便座の取付け穴から便器先端までの長さが約440mmに対応しています。

※参照:TOTO「おすすめトイレ選定ポイント 洗浄方式・サイズ」

便座のカラーバリエーション

ウォシュレット・温水洗浄便座には、主に「ホワイト」「パステルアイボリー(オフホワイト)」の2色の展開が多く、メーカーによっては「ピンク」や「ホワイトグレー」「ブルーグレー」などのカラーバリエーションがあります。
ご希望のカラーが対応しているシリーズなのか確認するようにしましょう。

TOTOウォシュレットのカラーバリエーション

TOTOウォシュレットの、アプリコット、Sシリーズ、SBシリーズでは「ホワイト」「パステルアイボリー」「パステルピンク(※)」「ホワイトグレー(※)」の4色展開をしております。
また、リテール向けのKMシリーズやKシリーズでは「ホワイト」「パステルアイボリー」「パステルピンク(※)」の3色展開。
リテール向けのKSシリーズや、お求めやすい価格帯のBVシリーズでは「ホワイト」「パステルアイボリー」の2色展開となっております。

※パステルピンク、ホワイトグレーは受注生産のため、お届けに時間がかかります。

  • ホワイト
  • パステルアイボリー
  • パステルピンク
  • ホワイトグレー

LIXILシャワートイレのカラーバリエーション

LIXILシャワートイレの、PASSOや、RWシリーズ、RAシリーズ、Hシリーズでは「ピュアホワイト」「オフホワイト」「ピンク(※)」「ブルーグレー(※)」の4色展開をしております。
また、シンプル機能でお求めやすい価格帯のRGシリーズや、Dシリーズなどでは「ピュアホワイト」「オフホワイト」の2色展開となっております。

※ピンク、ブルーグレーは受注生産のため、お届けに時間がかかります。

  • ピュアホワイト

    ピュアホワイト(BW1)

  • オフホワイト

    オフホワイト(BN8)

  • ピンク

    ピンク(LR8)

  • ブルーグレー

    ブルーグレー(BB7)

パナソニックの温水洗浄便座「ビューティ・トワレ」のカラーバリエーション

パナソニック温水洗浄便座「ビューティ・トワレ」では、基本的には「ホワイト」「パステルアイボリー」「パステルピンク」の3色展開をしておりますが、シンプル機能でお求めやすい価格帯のCH95シリーズや、PRTKシリーズなどでは「ホワイト」「パステルアイボリー」の2色展開となっております。

  • ホワイト

    ホワイト(WS)

  • パステルアイボリー

    パステルアイボリー(CP)

  • ピンク

    パステルピンク(P)

※画像はイメージです。

東芝の温水洗浄便座「クリーンウォッシュ」のカラーバリエーション

東芝の温水洗浄便座「クリーンウォッシュ」は、基本的には「パステルアイボリー」の1色展開をしております。

  • パステルアイボリー

    パステルアイボリー(N)

※画像はイメージです。

便座の価格帯で選ぶ

ウォシュレット・温水洗浄便座を「ハイグレード」「スタンダード」「ベーシック」と、大きく3つの価格帯に分けて、それぞれで人気の商品をご紹介します。

ベーシックタイプのおすすめ便座

シンプル機能で安い価格帯のベーシックタイプは、基本的な機能が搭載されたシリーズです。とにかく安い温水洗浄便座をご希望で、機能にこだわりが無い方におすすめ。

メーカー別 ベーシックな価格帯のシリーズ

ウォシュレット・温水洗浄便座が工事費込で総額2万~4万あたりの価格帯のシリーズをご紹介いたします。※グレードにより価格は異なります。

スタンダードタイプのおすすめ便座

スタンダードタイプでは脱臭機能やお掃除しやすいなど、あったら嬉しい機能が搭載された人気のシリーズです。

メーカー別 スタンダードな価格帯のシリーズ

ウォシュレット・温水洗浄便座が工事費込で総額4万~10万あたりの価格帯のシリーズをご紹介いたします。※グレードにより価格は異なります。

ハイグレードタイプのおすすめ便座

ハイグレードタイプでは瞬間式で、除菌機能や自動洗浄など、節電・節水にもこだわった機能が搭載された、おすすめのシリーズです。

メーカー別 ハイグレードな価格帯のシリーズ

ウォシュレット・温水洗浄便座が工事費込で総額8万以上の価格帯のシリーズをご紹介いたします。※グレードにより価格は異なります。

便座の機能で選ぶ

ウォシュレット・温水洗浄便座には「洗浄機能」や「清潔機能」「エコ機能」「快適機能」など、さまざまな機能が搭載されています。各機能の中から、ご自宅の環境に合った機能を備えた便座を選びましょう。

洗浄機能

便座の洗浄機能には、おしりを洗うためのおしり洗浄機能と、女性のためのビデ洗浄機能があります。
ハイグレードモデルでは、水流のリズムを変えたり、マッサージ機能が搭載されているものもあります。

おしり洗浄

※画像はイメージです。

メーカーごとの主な洗浄機能

※シリーズやグレードにより、付帯する機能は異なります。

  • TOTO

    ・おしり洗浄
    ・おしりソフト洗浄
    ・ビデ洗浄
    ・ワイドビデ洗浄
    ・ムーブ洗浄
    ・マッサージ洗浄

  • LIXIL

    ・おしり洗浄(パワフル・マイルド)
    ・ビデ洗浄
    ・おしりワイド洗浄
    ・おしりワイドS洗浄
    ・おしりマッサージ洗浄
    ・スーパーワイドビデ洗浄
    ・ワイドビデ洗浄

  • パナソニック

    ・45通りおしり洗浄
    ・25通りおしり洗浄
    ・おしり洗浄
    ・ワイド(おしり)洗浄
    ・ム-ブ洗浄
    ・リズム洗浄
    ・ビデ洗浄

  • 東芝

    ・エアインすっきり水流+
    ・エアインすっきり水流
    ・エアイン水流
    ・たっぷりパワフル水流
    ・ムーブ洗浄
    ・リズム洗浄

清潔機能

最近の便座には、衛生面が気になるノズルを自動洗浄してくれたり、グレードによっては除菌してくれる機能もついているので、常に清潔な状態で安心して使用できるようになっています。

メーカーごとの清潔機能

※シリーズやグレードにより、付帯する機能は異なります。

  • TOTO

    きれい除菌水

    きれい除菌水

    「きれい除菌水」がノズルや便器を自動で除菌します。目に見えない菌や汚れを分解し、黒ずみ汚れへの変化を抑えます。

    きれい除菌水搭載の便座へ

  • リクシル

    銀イオン水

    銀イオン水

    ノズルはトイレ使用後に、銀イオン水でしっかり洗浄。洗い流すだけでなく、銀イオンのチカラで除菌して、菌の繁殖を防ぎます。

    銀イオン水ノズル除菌搭載の便座へ

  • パナソニック

    ノズル除菌クリーニング

    ノズル除菌クリーニング

    ステンレスノズルを連続流水により除菌洗浄。汚れが気になるノズルをしっかりと洗えます。洗浄はノズル収納状態で行います。(所要時間 約1分間)

    ノズル除菌クリーニング搭載の便座へ

  • 東芝

    ウルトラファインバブル洗浄

    ウルトラファインバブル洗浄

    ウルトラファインバブルが入っている温水でノズルをしっかり洗浄。また1時間ごとに自動でウルトラファインバブルを含んだミストを噴射し、便器の汚れの付着を抑えます。

エコ機能

ウォシュレット・温水洗浄便座は、さまざまな機能に電力が必要になります。従来の温水洗浄便座はいつでも使えるように1日中24時間、便座や温水シャワーに使う温水を温めていますが、使わない時間の余分な電気代が気になりますよね。
最近では、各メーカーともに、便座を使わない時間の節電に力を入れており、従来のものと比べて大幅な節電を実現しています!

メーカーごとのエコ(節電)機能

※シリーズやグレードにより、付帯する機能は異なります。

快適機能

各メーカーともに温水洗浄便座にて、用を足すだけではなく、より快適で居心地のよい空間にするため、さまざまさ機能が搭載されています。

メーカーごとの主な快適機能

※シリーズやグレードにより、付帯する機能は異なります。

  • TOTO

    オート機能

    オート機能

    人の動きに合わせて自動で作動する「オート機能」。便器に近づくと自動で便ふたが開き、瞬間暖房便座機能が作動します。また、便座に座ると脱臭を行い、ノズルを自動洗浄します。便座から立つと便器を自動洗浄し、さらに便器内を脱臭します。

    オート機能 搭載の便座へ

  • リクシル

    エアシールド脱臭+ターボ脱臭

    エアシールド脱臭+ターボ脱臭

    便器鉢内に気流を発生・循環させて、鉢内を脱臭します。においを気流がキャッチし吸い込むことで、トイレ空間を快適に保ちます。さらに、スイッチで強力脱臭の、ターボモードも搭載されています。

    エアシールド脱臭+ターボ脱臭機能
    搭載の便座へ

  • パナソニック

    泡コート

    泡コート

    便器面を泡でコーティングすることでトイレの3大汚れ「こびりつき汚れ」「輪じみ汚れ」「飛びハネ汚れ」から守ります。

トイレの便器と便座をセットで選ぶ

生活堂では、温水洗浄便座だけでなく、トイレまるごと交換のトイレリフォームが大変お買い得。トイレ便器と便座と工事費と無料保証をすべてコミコミで最安TSET-LC0-IVO-1円から販売しております!
また、今なら2024/6/14(金) 18:00まで、工事セット専用4,500円OFFの割引クーポンと、クッションフロアも一緒に交換するともらえる3,000円OFFの割引クーポンを2つも発行中(併用OK)。この機会をお見逃し無く!

TOTOの便器とウォシュレット・温水洗浄便座のおすすめ工事込みセット

リクシルの便器とシャワートイレ・温水洗浄便座のおすすめ工事込みセット

トイレリフォームのTOPへ

ウォシュレット交換で人気のトイレメーカー