ご利用件数250万件 &工事実績100万件突破!
キッチン・お風呂リフォーム キッチン・お風呂リフォーム448件突破!

2022/8/10(水) - 10/7(金) 18:00まで/

相見積もり大歓迎!他社の正式見積書を提示で最大5,000円値引

サイクルポートが意味ないって本当? メリットをお教えします!

投稿日:

サイクルポートが意味ないって本当? メリットをお教えします!

サイクルポートを設置しようと思い、いろいろとインターネットなどで情報収集をしていたら、「サイクルポートは不要」「サイクルポートは設置しても意味ない」といった言葉を目にして悩んでしまったという方はいませんか?

今回は、サイクルポートのメリットについて詳しく解説していきます。設置することで得られるメリットを知った上で、サイクルポートが本当に必要かどうかを判断してみましょう。

サイクルポートのメリット

実際にサイクルポートを設置することでどのような利点があるのでしょうか。ここでは、サイクルポートの主なメリットを説明します。

自転車とサイクルポートをチェーンで結べば防犯性が高まる

自転車は自宅の敷地内に置いていても盗難されてしまうことがあります。サイクルポートがあれば、自転車をチェーンで柱に固定でき、防犯性が高まります。

雨や雪から自転車を守ってくれる

自転車やバイクを屋外で雨ざらしにすると、すぐにサビが発生してしまいます。サイクルポートを設置しておけば、雨や雪から守ることができ、サビが発生しにくくなります。

紫外線から自転車を守ってくれる

紫外線は自転車やバイクのサドル部分、ゴム部品の劣化を早めてしまいます。サイクルポートで太陽光を遮れば、そうした劣化を軽減できるでしょう。

自転車が風で倒れるのを防ぐ

風で自転車が倒され、故障してしまうようなことは避けたいものです。タイヤ部分を固定できるサイクルポートであれば、自転車が風で倒れてしまうのを防止できます。

自転車を砂・ホコリ・鳥のフンなどから守ってくれる

サイクルポートは、埃や砂、鳥のフンなどが自転車やバイクに付着するのを防ぎます。

雨に濡れることなく自転車を乗り降りできる

幼稚園の送り迎えなどで自転車を利用している場合、雨の日でも自転車を利用するというご家庭は多いでしょう。サイクルポートには屋根がありますので、子どもを乗せたり降ろしたりする際も雨に濡れる心配がないため、慌てる必要がありません。

サイクルポートのデメリット

サイクルポートには多くのメリットがありますが、その一方で以下のようなデメリットもあります。設置をご検討の方は、メリットだけでなくデメリットもきちんと理解しておくことが大切です。

コストがかかる

サイクルポートの設置には当然コストがかかってきます。ただし、種類によって価格もさまざまで、予算に合わせて選ぶことも可能です。

スペースが必要になる

自転車やバイクがしっかり入るサイクルポートを設置するためには、ある程度のスペースが必要になります。コンパクトなサイズのサイクルポートも用意されているので、もしスペースが狭い場合は専門業者に話を聞いてみるとよいでしょう。

カーポートで代用できる

カーポートを設置すれば一緒に自転車を置くことができるため、わざわざサイクルポートを設置する必要がないという意見もあります。

あらかじめ自転車・バイクを停める前提でカーポートを選ぶなら良いのですが、車だけのサイズに合わせて設置したカーポートに自転車・バイクを置くのはオススメできません。突風で自転車等が倒れた際に、車に傷をつけてしまう危険性があるからです。

関連記事>>カーポートに自転車は置ける?カーポートをサイクルポートとして利用する際の注意点

サイクルポートの選び方

ひと口にサイクルポートと言っても、さまざまなタイプやサイズがあります。以下の選び方のポイントをチェックして、最適なサイクルポートを探してみましょう。

自転車・バイクのサイズを調べる

まずは自転車とバイクの横幅や全長を調べます。その上で、出し入れしやすいように余裕をもったスペースを確保することが大切です。

自転車・バイクの設置台数を考慮する

自転車・バイクの設置台数が、将来的に増えることが予想される場合、その分のスペースもあらかじめ確保しておきましょう。

立地条件を調べる

サイクルポートを設置できる地盤かどうか、サイクルポートを設置したときに、周辺の干渉物にぶつからないかどうかなど、立地条件をしっかりと確認しておきましょう。

必要な機能を明確にする

自転車のタイヤが固定できるもの、横からの風や雨を防げるものなど、さまざまな機能を持ったサイクルポートがあります。自分に必要な機能は何かを明確にしたうえで選びましょう。

デザインも考慮する

設置台数、サイズ、必要な機能などを明確にしたうえで、自分好みのデザインや色で決めるというのもひとつの方法です。

いかがでしたでしょうか? サイクルポートには上記で紹介したように多くのメリットがあります。しかし、ご家庭に合う機能・サイズのものを選ばないと、メリットを活かせず「意味がない」となってしまうかもしれません。
選び方については下記も合わせてご覧ください。

関連記事>>サイクルポートのサイズの選び方を解説!ポイントは自転車の台数・幅

カーポート、サイクルポートの設置工事・交換を検討の方はこちら!

真夏のリフォームスーパーセールキャンペーン 2022/8/10(水) - 10/7(金) 18:00まで
※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

今だけこの価格!相見積り大歓迎!総額で比べてください。他社の見積もりを提示頂ければ徹底対抗します!