ご利用件数250万件 &工事実績100万件突破!
キッチン・お風呂リフォーム キッチン・お風呂リフォーム448件突破!

エアコンから異音が……その原因と対処法

投稿日:

エアコンから異音が……その原因と対処法

エアコンを使っているとエアコンが発する音が耳につくことがあります。聞いたことがない異音がすると「もしかして故障したのでは?」と気になってしまいますが、実は異音の原因もさまざまです。

どんなときにどんな音が出るか原因を知っておけば、対処が必要かの判断がつきます。今回は、エアコンから出るさまざまな異音と原因をご説明していきましょう。

音の種類別! エアコンの異音の原因と対処法

はじめに、対処が必要となる音についてご説明します。エアコンから次のような音が聞こえてきたら、要注意です。

キュルキュルという何かが詰まったような音

ファンモーターに取り付けてあるベアリング(回転軸を支える部品)や、エアコン内のドレンポンプ(内部にたまった結露水を汲み上げる部品)が故障すると、キュルキュルという異音を発することがあります。この音がしたら、専門業者に依頼して点検してもらい、必要に応じて修理や部品の交換をしましょう。

ポコポコ・ボコボコと何かが弾ける音

ドレンホースという排水ホースを通して空気が室内に入り込むと、ポコポコ・ボコボコという音がすることがあります。故障ではありませんが、特に気密性の高い部屋で起こりやすい現象です。
この音がしたときには、窓を開けて換気をしてみましょう。これで改善すればよいのですが、あまり効果がない場合は、専門業者に依頼してドレンホース用逆止弁を取り付けると音が軽減します。

ピーピーという電子音

この音がする場合は、故障の可能性が高いと言えます。専門業者に点検を依頼し、必要に応じて修理か交換をするようにしましょう。

対処する必要がないエアコンの異音

次のような異音は対処する必要はありません。なぜそのような音が出るかを知っておくと安心なので、原因をご説明します。

ミシッ・ブシュッと何かがひずむような音

エアコンの中に取り付けられている金属製の熱交換器が、温度の変化により膨張したり収縮したりする音です。

ビシッ・パキッと何かがひび割れるような音

温度変化によりエアコンの樹脂部分が伸縮すると、このような音が出ます。

ガー・ゴーという空気が流れる音

換気機能がついているエアコンでは、換気用のファンが回るときにこのような音がします。

カチ・ウィーンという何かが作動する音

吹き出し口についているフラップ(水平の羽根)やルーバー(垂直の羽根)など、エアコンの部品が作動するときに出る音です。

対処しなくてよい音でも年々大きくなることがある

基本的には対処する必要のない音でも、部品の経年劣化等の事情により音が大きくなっていくことがあります。
どうしても音が耳障りだと感じた場合は、専門業者に部品の交換を依頼するかエアコンを交換するかの対処を考えてみましょう。

エアコンからはさまざまな異音がしますが、慌てずに原因を見極めることが大切です。本来は対処する必要がない音でも、年々音が大きくなったと感じる場合は、経年劣化と捉えて、業者に依頼をして部品の交換をしたほうがよいこともあります。ぜひ覚えておいてください。

【工事込セット】
在庫限りの特別大放出!

在庫限り、売り切れ御免のエアコンです!畳数色々、メーカー色々、今ある限りの商品となりますため、品切れの際はご容赦ください。ご検討中の方はお早めに!

ルームエアコンの交換・工事・買い替えをご検討の方はこちら!商品+工事+3年保証コミコミで4万円台~!

ルームエアコンの交換・工事TOPへ