クーポン併用OKその場で使える最大5,000円OFFのクーポン発行中! 詳細はこちら

  1. 生活堂トップ
  2. 生活堂コラム
  3. トイレ
  4. そろそろ寿命?ウォシュレットを買い替える時期の目安

2020年 最新の施工事例

生活堂は工事が得意。自社専属スタッフの工事がご好評で、工事実績も50万件を突破しました!

  • 2020年2月21日

    福岡県福岡市南区

    TOTO キッチン水栓 TKS05305J

    TOTO キッチン水栓 TKS05305J
  • 2020年2月21日

    熊本県熊本市

    TOTO トイレ TSET-A1-WHI-0

    TOTO トイレ TSET-A1-WHI-0
  • 2020年2月21日

    福岡県久留米市

    リンナイ ビルトインコンロ RS31W27P15DGVW-13A

    リンナイ ビルトインコンロ RS31W27P15DGVW-13A
  • 2020年2月21日

    福岡県小郡市

    TOTO 温水洗浄便座 TCF4713AMR-SR2

    TOTO 温水洗浄便座 TCF4713AMR-SR2
  • 2020年2月21日

    福岡県福岡市中央区

    TOTO トイレ TSET-GG1-WHI-0

    TOTO トイレ TSET-GG1-WHI-0
  • 2020年2月21日

    福岡県福岡市城南区

    パナソニック トイレ TSET-AVS4-WHI-0

    パナソニック トイレ TSET-AVS4-WHI-0
もっと見る 工事のご依頼はこちら 運営会社・施工体制 生活堂は、 他店購入
した商品も
工事が可能! 詳しくはこちら
生活堂コラム

そろそろ寿命?ウォシュレットを買い替える時期の目安

投稿日:2017年08月14日

そろそろ寿命?ウォシュレットを買い替える時期の目安

ウォシュレットが発売された1980年以降、温水洗浄便座は日本の家庭に普及し続け、内閣府 消費動向調査によると現在一般世帯での温水洗浄便座普及率は80%を超えています。あなたのお宅にもあるかもしれません。お宅のウォシュレットは設置してから何年経っていますか? ここではウォシュレットの寿命と、買い替え時の目安をご紹介します。

ウォシュレットを買い替える時期の目安

ウォシュレットは、洗濯機や冷蔵庫と同じ電化製品です。電化製品ですから少なからず経年劣化が起き、建具などと較べると耐用年数は短いものです。製品にもよりますが設置後7年~10年が寿命とされています。また多くの製品は10年を過ぎると部品の生産が終わってしまい破損しても修理ができなくなってしまいます。

ウォシュレットが故障する際のパターンと対処法

ウォシュレットの故障として代表的なのは、次のような不具合です。「故障かな?」と思ったら機器をいろいろいじる前に落ち着いて、状況を確認しましょう。

作動しない

ボタンを押しても作動しない場合は、まずコンセントを確認します。掃除のときなどにプラグが抜けている場合があります。コンセントにプラグがささっていたら「切表示」ランプが点灯していないか確認します。「切表示」のランプが点灯していたら「リセットボタン」を押して「切表示」を消します。消してもまた点灯する場合は、漏電の恐れがあります。

「切表示」ランプが点いていない場合は、「運転ランプ」を確認します。ランプが消えていたらスイッチを押してみて点灯するかどうか確認します。

スイッチを押しても「運転ランプ」が点灯しない場合は、本体がベースから外れていることが考えられます。本体を1度ベースから外し、カチッと音がするよう確実にはめ込みます。ここまで調べても作動しない場合は、機械部には触れずに修理を依頼します。漏電の可能性がある場合も同様です。

温水が出ない

お湯が出ないときは1度コンセントを抜いてさし直します。一時的な内部エラーが起きているだけの場合は、さし直した後、コンセントの漏電保護ボタンを押すと正常に戻ることもあります。さし直しても温水が出ない場合は、お湯を作る部分の断線などが考えられるので修理を依頼します。

ノズルが出ない

ノズルが本体から出てこない場合は、ゴミなどが付着して動きが止まっているか、駆動部の故障が考えられます。手でノズルを引き出し、パイプ部分を歯ブラシなどで掃除するとスムーズに動く場合があります。ノズルから水が出ない場合も、穴詰まりが考えられるのでノズルを掃除してみます。掃除をしても状況が改善しない場合は、修理を依頼します。

水漏れが起こる

水漏れは、どこから漏れているか場所を特定します。ウォシュレットの外側でジョイントの金具類が緩んでいる場合は、レンチやスパナで締め直してみます。ウォシュレットが漏水するのはパッキンやボルトなど、消耗品パーツの経年劣化が原因のことが多く、応急処置を自らやろうとするとさらに悪化させる恐れがあるので、無理せず修理にまわす方が安全です。

また、上記の方法では故障かどうかを確認できない場合は、説明書を確認するか、メーカーに問い合わせましょう。

ウォシュレット買い換えのメリット

故障してから買い替えるのでは、次の製品をゆっくり選ぶ余裕もなくなります。設置したウォシュレットが10年近く使っているようであれば、寿命を見越して買い替えの検討を始めることをおすすめします。新しい製品は汚れがつきにくい加工がされていて、ノズルの自動掃除機能などが付属しているものも多く、掃除が楽になるというメリットがあります。また、年々省エネ効率も改良されているので、最新型に買い替えることで年に1~2万程度の電気代の節約になることもあります。清潔に使いたい人にも、安く使いたい人にも、買い替えはメリットがあるのです。

ウォシュレットの不具合が気になり始めたら、そろそろ寿命かもしれません。買い替えをすることで清潔、節約というメリットも多いので、漏電などの大きなトラブルが起きる前に新しいウォシュレットに取り替えを検討しましょう。

ウォシュレットの調子が悪いときはこちら!

  • キャン
    ペーン
    開催中

早春もトク得リフォーム応援キャンペーン 2020/2/21(金) - 2/28(金) 18:00まで 2020/1/31(金) - 3/27(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

早春もトク得リフォーム応援キャンペーン 2020/2/21(金) - 2/28(金) 18:00まで 2020/1/31(金) - 3/27(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。