2019年 最新の施工事例

生活堂は工事が得意。自社専属スタッフの工事がご好評で、工事実績も50万件を突破しました!

  • 2019年8月19日

    愛知県一宮市I様邸

    TOTO 温水洗浄便座 TCF6622-NW1

    TOTO 温水洗浄便座 TCF6622-NW1
  • 2019年8月19日

    愛知県一宮市K様邸

    リクシル トイレ TSET-AZ4-WHI-1-R

    リクシル トイレ TSET-AZ4-WHI-1-R
  • 2019年8月19日

    愛知県岩倉市S様邸

    ハーマン ビルトインコンロ DG32N1SQ1-R-13A

    ハーマン ビルトインコンロ DG32N1SQ1-R-13A
  • 2019年8月19日

    愛知県豊川市S様邸

    ノーリツ ビルトインコンロ N3WQ7RWTSKSI-13A

    ノーリツ ビルトインコンロ N3WQ7RWTSKSI-13A
  • 2019年8月19日

    愛知県一宮市H様邸

    日立 IHクッキングヒーター HT-K60S-S

    日立 IHクッキングヒーター HT-K60S-S
  • 2019年8月19日

    愛知県岡崎市K様邸

    シャープ ルームエアコン AY-J56DH2-W

    シャープ ルームエアコン AY-J56DH2-W
  • 2019年8月19日

    三重県津市T様邸

    パナソニック IHクッキングヒーター KZ-G32AST

    パナソニック IHクッキングヒーター KZ-G32AST
  • 2019年8月19日

    三重県津市A様邸

    三菱レイヨン 浄水器 A501ZCB-KJ

    三菱レイヨン 浄水器 A501ZCB-KJ
  • 2019年8月9日

    神奈川県横浜市

    リンナイ 食器洗い乾燥機 RKW-404A-B-KJ

    リンナイ 食器洗い乾燥機 RKW-404A-B-KJ
  • 2019年8月8日

    神奈川県川崎市

    パナソニック トイレ TSET-AVS3-WHI-0

    パナソニック トイレ TSET-AVS3-WHI-0
もっと見る 工事のご依頼はこちら 運営会社・施工体制 生活堂は、 他店購入
した商品も
工事が可能! 詳しくはこちら
生活堂コラム

新築一戸建てのトイレの選び方とは?

投稿日:2018年06月08日

新築一戸建てのトイレの選び方とは?

家を新築する際に、どんなトイレを選べば良いのか迷う方も多いでしょう。トイレは大きさや形、機能、抗菌性などが異なる多種多彩なタイプが各メーカーから出ています。それぞれに良さがあり、いったいどういったタイプを選べば良いのか迷ってしまうほど。そこで、新築一戸建てのトイレの選び方についてまとめました。

空間を把握する

まずはトイレを設置する場所の広さを確認しましょう。というのは、便器には大型と普通の2つのサイズがあるからです。大型はゆったり座ることができますが、狭い場所に設置するとスペースが狭くなり不快に感じることもあります。
スペースに合わせて1階には大型トイレ、2階には普通トイレといったように、まずは設置するトイレの数とサイズを決めましょう。
その際、棚を取り付けるか否か、ペーパーホルダーやタオル掛けをどこに配置するかなど、全体のレイアウトを考えることも大切です。
モデルハウスを見学するときは、トイレ個室内の横幅・奥行きを合わせて確認することをおすすめします。

戸建ての構造を確認して排水方式を選ぶ

トイレの排水方式には、大きく分けて「床排水方式」と「壁排水方式」の2パターンがあります。方式が違うトイレを選択してしまうと設置できない場合もあるので要注意。それぞれの特徴とメリットは次の通りです。

床排水方式

トイレ内部の排水管から床を通して排水する方式です。排水管が見えないタイプは基本的に床排水方式と考えて問題ありません。一戸建てに多く見られる方式で、メリットは見た目がすっきりすることと、壁排水方式に比べて節水できる点です。

壁排水方式

便器の後ろの壁、もしくは横の壁に排水管を通して排水するのが壁排水方式です。一戸建てよりもマンションのような集合住宅で多く採用されています。メリットは水を流す音が響きにくいこと、床排水では対応できない場所にも設置できることです。

タンクレスかタンク付きかを選ぶ

排水方式の確認ができたら、水を溜めるタンクがないタンクレスにするか、タンク付きにするかを絞り込んでいきましょう。

タンクレス

タンクレスは、トイレに引き込んだ水道水の圧力で流す仕組みになっています。水を溜めるタンクが必要ないため、空間を広く使え、見た目をすっきりさせられることがいちばんのメリットです。タンク掃除の手間からも解放されます。
ただし、一定以上の水圧が必要なため、場合によっては取り付けられないこともあります。建築会社、ハウスメーカー等に設置可能かどうか事前に確認しておきましょう。

タンク付き

タンク付きは、タンクに水を溜めて流す仕組みを採用しています。タンクレスよりも求めやすい価格は魅力的ですが、タンクに水が溜まらないと流すことができないため、連続使用には不向きです。

便座(便器)のタイプを選ぶ

便座(便器)のタイプには、主に次の3種類があります。タンクの有無と合わせて好みのものを選びましょう。

普通便座

何の機能も付いていない便座です。寒い季節はカバーを付けておかないと、座ったときに冷たさを感じます。

暖房便座

座る部分を電気で温められる便座です。暖房機能があればカバーを付ける必要がないので掃除が楽ですし、衛生的です。

温水洗浄便座
温水でお尻を洗う洗浄機能と便座の暖房機能が付いたタイプです。

そのほかの機能で選ぶ

近ごろのトイレにはさまざまな機能がありますので、新築に住む家族構成やライフスタイルに合わせて選びましょう。

高齢者向けの機能

高齢者が便器に座りやすくするための手すりを取り付けたもの、フタの開閉や洗浄が自動のものなどがあります。

汚れにくく、掃除がしやすい機能

トイレの悩みといえば、衛生面。この悩みを解決するために、汚れの付きにくい加工がされているものや、掃除のしやすい形状のものが次々に登場しています。

節水機能、節電機能

水を使う水洗トイレ、電気を使う暖房便座や温水洗浄便座では、それぞれ水や電気の使用量を抑える機能が搭載されているものもあります。家計はもちろん、環境にも配慮されています。

新築一戸建てのトイレの選び方についてご説明しました。最新のトイレは、清潔に使いやすくするための工夫が随所に施されています。節水、節電機能も格段に進化しているので、以前の住まいよりも水道代や電気代が安くなることが期待できます。記事の内容を参考に、家族みんなが快適に使えるトイレを選んでくださいね。

最新のトイレをお探しの方はこちら!