2019.09.09
クレジットカード決済が可能になりました

2019年 最新の施工事例

生活堂は工事が得意。自社専属スタッフの工事がご好評で、工事実績も50万件を突破しました!

  • 2019年9月20日

    東京都港区

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45MD8S

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45MD8S
  • 2019年9月20日

    東京都目黒区

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45MD8S

    パナソニック  食器洗い乾燥機 NP-45MD8S
  • 2019年9月20日

    埼玉県川口市

    リンナイ ガス給湯器 RUF-E2405AW-A-13A-230V-KJ

    リンナイ ガス給湯器 RUF-E2405AW-A-13A-230V-KJ
  • 2019年9月20日

    東京都大田区

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45MD8S

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45MD8S
  • 2019年9月20日

    埼玉県さいたま市

    リンナイ 食器洗い乾燥機 RKW-404A-SV-KJ

    リンナイ 食器洗い乾燥機 RKW-404A-SV-KJ
  • 2019年9月20日

    東京都港区

    LIXIL トイレ YBC-G20S-DV-G218-BW1

    LIXIL トイレ YBC-G20S-DV-G218-BW1
  • 2019年9月20日

    東京都江戸川区

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45RD7K-KJ

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45RD7K-KJ
  • 2019年9月20日

    神奈川県横浜市

    パナソニック トイレ TSET-AUN2-WHI

    パナソニック トイレ TSET-AUN2-WHI
  • 2019年9月20日

    愛知県名古屋市北区N様邸

    リクシル キッチン水栓 JF-AJ461SYXNBV-JW

    リクシル キッチン水栓 JF-AJ461SYXNBV-JW
  • 2019年9月20日

    神奈川県横浜市

    TOTO トイレ CS330B--SH333BA-SC1

    TOTO トイレ CS330B--SH333BA-SC1
もっと見る 工事のご依頼はこちら 運営会社・施工体制 生活堂は、 他店購入
した商品も
工事が可能! 詳しくはこちら
生活堂コラム

洗面台はどう選べばよい? 洗面台の種類と特徴を解説

投稿日:2018年08月22日

洗面台はどう選べばよい? 洗面台の種類と特徴を解説

洗面台の購入やリフォームを考えたときに、思ったよりも種類が多いとびっくりする方も多いのではないでしょうか。どんな洗面台にすればよいのか迷わないように、ここでは洗面台の種類と特徴についてご説明します。

洗面台の種類と特徴

洗面台は洗面ボウル、水栓金具、鏡から成り立ちます。これに収納、照明、コンセントなどを加えたものが現在の一般的な洗面台です。種類は大きく分けて下記の2つがあります。

洗面型一体タイプ

洗面ボウルと洗面収納キャビネット、照明、水栓、鏡などがユニットになっています。
一般的な間口サイズ(60cm、75cm、90cm、120cm)が揃っているので、スペースに合わせて設置することができます。

カウンタータイプ

水栓カウンター、洗面ボウル、収納キャビネット、水栓、鏡などを自由に組み合わせることが可能です。
洗面台の素材はもちろん、間口や高さの寸法を1mm単位で選ぶことができるので、オリジナルの洗面台としてこだわりをもって作ることができます。

洗面台を選ぶ前にチェックしておくべきこと

洗面台を選ぶ前に以下のような項目をチェックしておきましょう。

洗面台に何を求めるか、を整理しておく

ご家庭の洗面台に何を求めているか、優先順位をはっきりさせておいた方がよいでしょう。具体的には、水栓の種類、照明の明るさ、収納、コンセントの位置などです。たとえば高齢者がいるご家庭なら、腰をかがめなくても使いやすいように少し高めに設定したり、椅子を置いても使いやすいように洗面台の下にスペースを空けておいたりするとよいでしょう。
見た目を重視する場合は、素材、色合い、収納の容量、壁面との調和などあらゆる角度からの下調べが必要です。

設置場所の広さを確認しておく

洗面台を設置する場所を正確に測っておきましょう。おおよその目安ではなく、きちんと間口、奥行き、高さ、左右に開いている空間寸法を確認します。60cmなどサイズが決まっている洗面台の場合は、幅が数mm足りないだけで設置できないこともありますので、正確に測る必要があります。

洗面台を選ぶ際のポイント

洗面台を選ぶ際、以下のようなポイントをチェックしておきましょう。

大きさ

洗面台を選ぶ際にまず大事なのは、前述したように幅が合うかどうかです。ただ、設置できたとしても目いっぱいのサイズの洗面台だと圧迫感が出てしまうこともあります。実際に設置したときをイメージして、空間のバランスを考えなければいけません。
一方、洗面台と壁の間に隙間がなくピッタリサイズのものを設置すると、ホコリや水滴が入り込む心配が少ないというメリットもあります。

また、慌ただしい時間帯に使用する家族が多い場合は2人用などの大きめのサイズが便利ですし、洗面台でシャンプーをしたい場合は奥行きのある深めのサイズがおすすめです。このように、生活習慣に合わせて検討することが大切です。

デザイン

洗面台のデザインは、洗面ボウルだけでも置き型、埋め込み型、半埋め込み型、壁付け型といろんな種類があります。素材もホーロー、ガラス、人工大理石、ステンレス、木製とあり、迷う方も多いでしょう。
洗面所は浴室と隣り合わせになることが一般的ですので、浴室のテイストと統一することでスッキリとおしゃれな空間になります。

収納

歯ブラシ、洗顔料、化粧用品、櫛やカミソリ、ティッシュなど、生活様式によって必要な収納スペースは変わります。
収納するものが少ない場合は鏡面収納だけにして、カウンター下には収納を作らないという選択肢もあります。一方、バスタオル、洗剤、お風呂用品の予備、パジャマなどたくさんのものを収納したいと考えている場合は、カウンター下や洗面台の横に大きめの収納を作るなどの工夫の幅があります。

そのほかの機能

洗面台は朝晩使うものですから、デザインだけでなく使い勝手にもこだわることをおすすめします。
最近ではガラスの曇り止め機能や、蛇口がシャワーになっていて引き伸ばせるもの、手をかざすと自動で水が出るものなどがあります。
また、洗面台で化粧をしたいと考えている場合は、3方向からLEDライトが点灯するものなどもおすすめです。

家族みんなが毎日使う洗面台。ライフスタイルや家族構成によって最適なものは異なるので、家族で相談して決める必要があります。上記の内容を参考にして素敵な洗面台を選んでくださいね。

洗面化粧台の交換・工事・買い替えをご検討の方はこちら!