MENU

生活堂コラム 生活堂コラム

浴室乾燥機はガスと電気とどちらがお得?

浴室乾燥機はガスと電気とどちらがお得?

浴室乾燥機には「電気式」と「ガス式」の2種類があります。一体どちらの方がコストパフォーマンスに優れているのか。浴室乾燥機の設置を検討している方は知っておきたい情報でしょう。電気とガス、どちらがお得かを一緒に考えてみましょう。

浴室乾燥機の種類

浴室乾燥機は、電気式とガス式でかかるランニングコストが変わってきます。まずは、種類ごとの特徴を把握しておきましょう。

電気式

電気を使う浴室乾燥機には、「ヒーター式」と「ヒートポンプ式」があります。ヒーター式は乾燥機内部のシステムを使って自らが発熱するもの、ヒートポンプ式はコンプレッサーに周囲の空気を取り込んで熱を発生させるものです。
一般的に、ヒートポンプ式の方が電気代は安くなると考えられています。

ガス式

ガスで熱いお湯を沸かし、その熱を利用して浴室内の乾燥、暖房を行います。浴室内のシステムでは一部電気を使いますが、ガス専用の設備が必要になります。電気式と比べてやや割高になりがちですが、乾燥時間は短くなる傾向にあります。

浴室乾燥機の電気代

浴室乾燥機にかかる1回あたりの電気代は、自分で計算することができます。
カタログや製品本体に貼られているシールに「消費電力」という項目がないか確認してみましょう。消費電力が分かったら、「消費電力(kW)×運転時間×電力量料金」の式で計算してください。電力量料金が分からないときは、お使いの電力会社のホームページから見ることができます。

また、機種によっては、販売メーカーのホームページやパンフレットなどに目安となる電気代が書いてあることがあります。

機種や使用条件によって電気代は異なりますが、30分でおおよそ16円程度と考えれば大きなズレはないでしょう。

浴室乾燥機のガス代

ガスを使う浴室乾燥機のランニングコストも、機種それぞれで異なります。製品に貼られたシールやカタログで「ガスの消費量」が分かればこちらも簡単です。「ガスの消費量×ガス契約料金」で計算してみてください。
ガス契約料金は、ガス会社が発行する検針票などで確認することができます。

また、上記で触れた電気代と同じく、メーカーのホームページ等に目安となるガス代が記載されていないかもチェックするとよいでしょう。

やはり機種や使用条件によって異なりますが、ガス代はおおよそ30分で27円程度と見積もってよいでしょう。

浴室乾燥機はガスと電気とどちらがお得?

30分あたりのランニングコストを比較すると、ガス式より電気式の方がお得だと考えられます。また、電気には夜間の使用料金が割安になるプランが用意されているので、夜間使用が多くなりそうな生活を送っている方にとっては電気の方がお得ということにはなりそうです。
しかし、コストが高いからガス式の方が劣っているということにはなりません。
ガス式はパワーが強く、相対的に電気式よりも短い時間で乾燥させることができるとされています。使用時間を抑えたい方は、ガス式を選ぶとよいでしょう。

浴室乾燥機を使うときの電気代、ガス代についてお伝えしました。コストのみに注目するなら電気を選びたいところですが、ガスにも大きなメリットがあります。
浴室乾燥機を設置する際には、ライフスタイルや使用時間などを考慮して選んでみてください。

浴室暖房乾燥機の交換・工事をご検討の方はこちら!