クーポン併用OKその場で使える最大5,000円OFFのクーポン発行中! 詳細はこちら

  1. 生活堂トップ
  2. 生活堂コラム
  3. 浴室
  4. お風呂がすぐ冷める…その原因と解決策とは?

2020年 最新の施工事例

生活堂は工事が得意。自社専属スタッフの工事がご好評で、工事実績も50万件を突破しました!

  • 2020年2月25日

    福岡県福岡市東区

    TOTO キッチン水栓 TKS05301J

    TOTO キッチン水栓 TKS05301J
  • 2020年2月25日

    福岡県宗像市

    TOTO 浴室水栓 TBV03414J

    TOTO 浴室水栓 TBV03414J
  • 2020年2月25日

    福岡県糟屋郡

    TOTO 温水洗浄便座 TCF8GK33-SR2

    TOTO 温水洗浄便座 TCF8GK33-SR2
  • 2020年2月25日

    福岡県北九州市

    TOTO トイレ TSET-HV-WHI-1-R

    TOTO トイレ TSET-HV-WHI-1-R
  • 2020年2月21日

    福岡県福岡市南区

    TOTO キッチン水栓 TKS05305J

    TOTO キッチン水栓 TKS05305J
  • 2020年2月21日

    熊本県熊本市

    TOTO トイレ TSET-A1-WHI-0

    TOTO トイレ TSET-A1-WHI-0
もっと見る 工事のご依頼はこちら 運営会社・施工体制 生活堂は、 他店購入
した商品も
工事が可能! 詳しくはこちら
生活堂コラム

お風呂がすぐ冷める…その原因と解決策とは?

投稿日:2017年12月13日

お風呂がすぐ冷める…その原因と解決策とは?

寒い時期になると「お風呂のお湯がすぐに冷めてしまう」という残念な声をよく耳にします。バスタブに浸かっている間に温度が下がったり、体を洗っている間に冷めてしまったり……。家族がいる場合、次の人が入るときに追い焚きが必要となるので光熱費がふくらむ心配もあるでしょう。ゆっくりバスタイムを楽しめないばかりか、費用もかかるとなるとなんとか解決したいですね。そんなお風呂のお湯がすぐ冷めてしまう原因と解決策について、一緒に考えていきましょう。

お風呂のお湯がすぐ冷めてしまう原因と解決策

お風呂のお湯がすぐ冷めてしまう原因はいくつか考えられますが、そのうちよくある2つのパターンをご説明します。

窓を開けっぱなしにしている

カビ防止のため、1日中お風呂場の窓を開けっぱなしにしてはいないでしょうか? 窓を開けっぱなしにしていると、特に冬場は外の空気が入り込み、お風呂場全体が冷えて、熱いお湯を入れてもすぐに冷めることになってしまいます。
カビ対策や換気のために窓を開けることは大切なことですが、お湯を溜め始めたら、窓は閉めるようにしましょう。

入浴中なのに換気扇を回している

入浴中に換気扇を回してはいませんか? 入浴中に換気扇を回すと、湯気で暖まった空気が、外の冷たい空気と入れ替えられてしまいます。そして浴室内の空気が冷えていると、お湯もすぐに冷めてしまいます。
湯気や湿気が気になる人も、お風呂に入っているときは、換気扇は回さないでおきましょう。お風呂場の温度を保つことが、お湯の温度を冷めにくくする解決策となります。

給湯器の劣化や故障による不具合

熱いお湯が溜まったのでいざ入浴しようとしたら、お風呂のお湯が冷めていた…ということもあるでしょう。それはお湯が冷めたのではなく、給湯器の劣化や故障が原因かもしれません。給湯器の劣化や故障で不具合が起きると、出てくるお湯の温度が不安定になり、突然熱くなったりぬるくなったりすることがあるのです。もし冷めているお風呂の原因が給湯器の故障や劣化だと分かったのなら、給湯器の交換を検討しましょう。

解決しない場合は断熱浴槽にリフォームという方法も

上記の方法を試しても解決しない場合は、浴槽を「断熱浴槽」にリフォームするという方法があります。
断熱浴槽の特徴は、お湯の熱を外に逃さず、温かさがキープできること。浴槽全体を断熱材で覆い、さらに断熱材が使われたふたで覆うことで、まるで魔法びんのように浴槽のお湯をまるまる保温できるのです。
家族がいる場合も、追い焚き機能を使わずにお湯が温かいまま続けて入浴することができ、結果的に光熱費の節約にもつながります。

追い焚き機能の活用と断熱浴槽へのリフォーム…どっちがよい?

それでは、お風呂に追い焚き機能がついている場合、その機能を活用するのと断熱浴槽にリフォームするのでは、どちらがよいのでしょうか。
追い焚きの利用頻度にもよりますが、長い目で見ると断熱浴槽へのリフォームのほうがコストパフォーマンスは高くなります。東京ガス(※)の試算によると、保温性の高い浴槽を選ぶことで、一般的な浴槽よりも年間3,874円の省エネ効果が得られるそうです。これは、お湯が冷めにくく追い炊きをする必要もない分、従来のお風呂を沸かすのに16.1円かかるところ、5.5円で済むため、1日あたり約10円お得になる計算です。家計のことを考えると、断熱浴槽のほうがお得ですね。

浴槽も、いつかは寿命がくるもの。壊れてから慌ててリフォームするよりは、早い段階で自分の理想の浴室設備をじっくりと選んでリフォームし、日々の追い焚きにかかるコストも節約できる状態にしてみるのはいかがでしょうか。

(※参考:http://www.tokyo-gas.co.jp/ultraene/bathroom_ouyo.html#contents_03

断熱浴槽に!
お風呂・浴室の工事・リフォームをご検討の方はこちら

  • キャン
    ペーン
    開催中

早春もトク得リフォーム応援キャンペーン 2020/2/21(金) - 2/28(金) 18:00まで 2020/1/31(金) - 3/27(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

早春もトク得リフォーム応援キャンペーン 2020/2/21(金) - 2/28(金) 18:00まで 2020/1/31(金) - 3/27(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。