2019.10.01
次世代住宅ポイントについてのご案内

クーポン併用OKその場で使える最大5,000円OFFのクーポン発行中! 詳細はこちら

  • キャン
    ペーン
    開催中

冬のボーナスあったかリフォームキャンペーン 2019/12/6(金) - 12/13(金) 18:00まで 2019/11/29(金) - 1/31(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

冬のボーナスあったかリフォームキャンペーン 2019/12/6(金) - 12/13(金) 18:00まで 2019/11/29(金) - 1/31(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

2019年 最新の施工事例

生活堂は工事が得意。自社専属スタッフの工事がご好評で、工事実績も50万件を突破しました!

  • 2019年12月9日

    愛知県名古屋市千種区T様邸

    INAX トイレ TSET-SAG-WHI

    INAX トイレ TSET-SAG-WHI
  • 2019年12月9日

    三重県津市M様邸

    パナソニック トイレ TSET-AVS4-WHI-1

    パナソニック トイレ TSET-AVS4-WHI-1
  • 2019年12月9日

    愛知県名古屋市中村区W様邸

    INAX トイレ TSET-AZ10-IVO-1-155

    INAX トイレ TSET-AZ10-IVO-1-155
  • 2019年12月9日

    愛知県名古屋市中村区N様邸

    リクシル キッチン水栓 JF-AJ461SYXNBV-JW

    リクシル キッチン水栓 JF-AJ461SYXNBV-JW
  • 2019年12月9日

    愛知県尾張旭市H様邸

    リクシル トイレ TSET-AZ4-WHI-1

    リクシル トイレ TSET-AZ4-WHI-1
  • 2019年12月9日

    愛知県名古屋市緑区S様邸

    パロマ 瞬間湯沸かし器 PH-5BV-13A

    パロマ 瞬間湯沸かし器 PH-5BV-13A
もっと見る 工事のご依頼はこちら 運営会社・施工体制 生活堂は、 他店購入
した商品も
工事が可能! 詳しくはこちら
生活堂コラム

お風呂の天井から水滴が垂れてくる…その理由と対処法

投稿日:2017年11月12日

お風呂の天井から水滴が垂れてくる…その理由と対処法

寒さが厳しくなる季節、お風呂で気持ちよく温まっていたら天井から冷たい水滴がポタリ…。体に当たろうものなら、いきなりの冷たさにびっくりして、せっかくのくつろぎタイムが台無しになってしまいますね。冬になるとよく遭遇するこの状況、どうして発生するのでしょうか。お風呂場の天井から水滴が垂れてくる原因と、水滴の対処法についてもお伝えします。

お風呂の天井から水滴が垂れてくる原因

天井に水滴がつく原因は、外の気温とお風呂場の温度差が大きいことです。たとえば冬、外は寒いけれど室内が暖房で暖められているとき、窓に水滴がつきますね。いわゆる「結露」です。これは、室内の空気中に含まれる水分が、外気で冷えた窓に触れて冷やされ、気体から液体(水滴)になることで起こります。お風呂の天井につく水滴も、原理は同じです。
お風呂場の天井に断熱材が入っていない場合、外の気温が下がると、その影響を受けてお風呂場全体の空気が冷えてしまいます。この状況で入浴すると、浴槽に張ったお湯から立ちのぼる湯気が天井や壁に触れて冷やされ、水滴になるというわけです。外との気温差が大きくなればなるほど、水滴は発生しやすくなります。

水滴をそのまま放っておくとカビが生えるので要注意

水滴が落ちてきて体に当たるだけなら我慢すれば済むともいえますが、実はもっとやっかいなことがあります。天井の水滴をそのままにしておくと、カビが生えてしまうのです。天井は掃除をするのは大変ですし、一旦生えたカビは、湿気の高いお風呂場では、すぐに広がってしまいます。
カビ防止のために、お風呂から出たら換気扇を回したり窓を開けたりして、暖かく湿った浴室内の空気と外の空気を入れ替えましょう。

お風呂の天井から水滴が垂れてくる際の対処法

お風呂の天井から水滴が垂れてヒヤッとするのを防ぐためには、ぜひ次のことを試してみてください。水滴のつき具合が改善され、カビ防止にもなります。

お風呂場を暖めておく

浴室暖房を使う、お風呂のふたをしばらく開けるなどし、入浴前にお風呂場全体を暖めておきましょう。こうすれば天井も暖まり、湯気が上がっても水滴がつきにくくなります。

入浴中は換気扇を止めておく

入浴中は換気扇を止めておきましょう。換気扇を回していると外の冷たい空気が入り込んでくるため、結露が生じやすくなるからです。
ただし、入浴後には換気扇を回すことをお忘れなく。暖かく湿った空気をこもらせてしまうと、カビの原因となってしまいます。

改善が見られないときはリフォームで対処

上記の方法を試しても改善が見られないときの効果的な対処法は、断熱材を入れるリフォームです。外の気温がお風呂場内に伝わりにくくなり、水滴の発生を防ぐことができます。断熱材を入れるときは天井だけでなく壁にも入れ、浴室全体の断熱効果を高めるようにしましょう。

体に当たると不快な上に、カビの原因にもなるお風呂の天井の水滴。できるだけお風呂場全体を暖かくし、外の冷たい空気の影響で結露ができないようにして、対処していきましょう。それでもどうしても改善しないときには、天井と壁に断熱材を入れるリフォームがおすすめです。

結露ができないお風呂に!
お風呂・浴室の工事・リフォームをご検討の方はこちら