MENU

生活堂コラム 生活堂コラム

設置後も安心! 浴室乾燥機を掃除してカビを防止しよう

設置後も安心! 浴室乾燥機を掃除してカビを防止しよう

浴室乾燥機は、天気の悪いときなどに洗濯物を乾かすことができてとても便利ですが、使用しているとどうしても汚れやカビが発生していまいます。そこで今回は、意外と汚れやすい浴室乾燥機のホコリやカビの取り方、掃除方法についてご紹介します。

浴室乾燥機の掃除の仕方

浴室には思っているよりもたくさんのホコリやカビが浮遊しています。汚れによってフィルターが目詰まりを起こすと、運転効率を悪くしてしまう可能性がありますので、以下の方法で浴室乾燥機を掃除しましょう。
なお、浴室乾燥機を掃除するときは必ず電源を落とし、しばらく時間をおいてからにしてください。通電した状態や、乾燥器部分が熱を持った状態で作業をすると事故の元となります。

用意するもの

ふきん、中性洗剤、麺棒、掃除機などを用意します。上から降ってくるホコリ対策にマスク、メガネもあれば便利です。

掃除機でホコリを取る

浴室乾燥機を開けて、掃除機でフィルターのホコリを吸い取りましょう。掃除機のノズルは、細長タイプのものに変えておくと便利です。
細かい場所は、綿棒を使ってキレイにします。フィルターは穴が開きやすいので、力を入れすぎず優しく掃除しましょう。

フィルターを外して洗う

外したフィルターを、水かぬるま湯ですすぎながら、汚れを優しくこすり落としてください。取れにくい汚れがあるときは中性洗剤を使用します。
洗い終わったフィルターは乾いた布で水気を拭い、直射日光が当たらない風通しのよい場所で干してください。

カバー、ファンを拭きあげる

乾燥したふきんでカバーとファンを拭きます。汚れがひどい場合は、フィルタと一緒に水洗いすると楽です。あまりゴシゴシと力を入れるとパーツに傷がつく恐れがあるので、優しく拭き取るようにしましょう。

浴室乾燥機を掃除するときの注意点

浴室乾燥機を掃除するときに、注意しておきたいポイントがいくつかあります。

酸性やアルカリ性の洗剤は使わない

酸性やアルカリ性の洗剤は洗浄力が強いため、浴室乾燥機の本体やパーツを傷めてしまう恐れがあります。浴室乾燥機のパーツには中性洗剤を使いましょう。

化学繊維の雑巾を使わない

化学繊維の雑巾は非常に細かい目でしっかりと繊維を編みこんでいるため、浴室乾燥機の表面に細かい傷をつけてしまう可能性があります。

浴室乾燥機のカビを防止する方法

浴室乾燥機を掃除する際には、カビの防止にも気をつけておきたいところ。いくつかのポイントをおさえてカビ対策に取り組みましょう。

浴室内の水気はしっかり拭き取る

浴室乾燥機のカビの原因は浴室内の湿気です。乾燥機を使わない普段の入浴時から気をつけましょう。入浴後は水切りワイパーで水気を切る、窓を開ける、換気モードを点けるなど、湿気がこもったままにしないことが大切です。

洗濯物を乾かすときは隙間を開けて

洗濯物同士を密着させて干すと、なかなか乾かず、浴室内の湿度が長時間高いまま保たれてしまいます。また、洗濯物の嫌なにおいの原因にもなりますので、できるだけ間隔を開けて風通しがよくなるように干しましょう。

乾燥機のモードを使い分けて水気撃退

浴室乾燥機を使用する際は、状況に合わせてモードを使い分けるのがおすすめです。水気を払いたいときは「換気モード」、洋服を乾燥させたいときはパワフルな「乾燥モード」を使いましょう。

浴室乾燥機をキレイに保つためには、こまめに掃除をすることが大切です。また、入浴後には水気・湿気をできるだけ浴室内に残さないように気をつけましょう。

浴室暖房乾燥機の交換・工事をご検討の方はこちら!