2019.09.09
クレジットカード決済が可能になりました

2019年 最新の施工事例

生活堂は工事が得意。自社専属スタッフの工事がご好評で、工事実績も50万件を突破しました!

  • 2019年9月20日

    東京都港区

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45MD8S

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45MD8S
  • 2019年9月20日

    東京都目黒区

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45MD8S

    パナソニック  食器洗い乾燥機 NP-45MD8S
  • 2019年9月20日

    埼玉県川口市

    リンナイ ガス給湯器 RUF-E2405AW-A-13A-230V-KJ

    リンナイ ガス給湯器 RUF-E2405AW-A-13A-230V-KJ
  • 2019年9月20日

    東京都大田区

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45MD8S

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45MD8S
  • 2019年9月20日

    埼玉県さいたま市

    リンナイ 食器洗い乾燥機 RKW-404A-SV-KJ

    リンナイ 食器洗い乾燥機 RKW-404A-SV-KJ
  • 2019年9月20日

    東京都港区

    LIXIL トイレ YBC-G20S-DV-G218-BW1

    LIXIL トイレ YBC-G20S-DV-G218-BW1
  • 2019年9月20日

    東京都江戸川区

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45RD7K-KJ

    パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-45RD7K-KJ
  • 2019年9月20日

    神奈川県横浜市

    パナソニック トイレ TSET-AUN2-WHI

    パナソニック トイレ TSET-AUN2-WHI
  • 2019年9月20日

    愛知県名古屋市北区N様邸

    リクシル キッチン水栓 JF-AJ461SYXNBV-JW

    リクシル キッチン水栓 JF-AJ461SYXNBV-JW
  • 2019年9月20日

    神奈川県横浜市

    TOTO トイレ CS330B--SH333BA-SC1

    TOTO トイレ CS330B--SH333BA-SC1
もっと見る 工事のご依頼はこちら 運営会社・施工体制 生活堂は、 他店購入
した商品も
工事が可能! 詳しくはこちら
生活堂コラム

浴室のリフォームはバリアフリーも念頭に

投稿日:2018年01月15日

浴室のリフォームはバリアフリーも念頭に

浴室のリフォームを考えているのなら、老後のことを考えてバリアフリーにするのはどうでしょう? 「老後なんて、まだまだ」と思うかもしれませんが、バリアフリーは、お年寄りだけなく小さな子どもや体調を悪くしている人でも使いやすいものです。浴室のバリアフリーについてご紹介しますので、検討材料にしてください。

浴室をバリアフリーにするときのポイント

浴室内では、思わぬ事故が起こりがち。そういった危険を回避するための方策として、浴室内をバリアフリーにするときのポイントをご紹介します。

脱衣所との段差をなくす

ポイントのひとつめは、脱衣所と浴室との段差をなくし、平らにすることです。年齢を重ねるとほんのわずかな段差の昇降もつらくなります。段差につまずいて体勢を崩し転んだりすると、大きなケガにつながることもあるので、ほんのわずかな段差でも注意したいところです。

床材を滑りにくいものにする

浴室内の床材を滑りにくいものに変えることで、転倒の危険を減らすことができます。濡れた床のヒヤリ・ハット体験は誰もが経験しているはず。気を付けていても足を取られることはあるので、バリアフリーにするのならぜひ対策を取りましょう。
濡れた足場で戸の開閉に力を入れなければならない、というのは危険です。

軽い力で開閉できる扉にする

軽い力で開閉できる扉にしておくと、体力が低下しても安心です。扉は、引き戸か外側に折れるタイプがおすすめ。内側に開くタイプの扉だと、もし洗い場で倒れてしまう、意識不明になってしまうなどの緊急事態が起こった場合に、扉を開けることが難しくなるので要注意です。

断熱性、保温性の高い浴室にする

急激な寒暖差によるヒートショックを防ぐためには、断熱性と保温性に優れた浴室が安心です。入浴するときに体が冷えてしまう心配がありません。

浴室壁に手すりを取り付ける

浴室内で移動するとき、座った状態から立ち上がるときなど、手すりがあると動作がスムーズになります。足腰が弱った体では立ち上がるときも体力を必要とするため、どこに手すりがあると便利か、事前に確認しておきましょう。

浴槽のバリアフリー設備

次に浴槽内での設備面でチェックすべきポイントをご紹介します。

またぎやすい浴槽にする

入浴をするにはまずは浴槽に入らなくてはなりませんが、浴槽の縁をまたぐ行為でも転倒の危険があります。高すぎるとまたぎにくいし、低すぎると頭からつんのめってしまう危険性があります。高すぎず、低すぎず、またぎやすい浴槽がおすすめです。高齢者には40cm前後の高さの縁が望ましいと言われています。

手すりを付ける

浴槽から立ち上がるときに、手すりがあると安全で安心です。水の中は、自分が思うよりバランスが取りにくいもの。立ち上がろうとして倒れてしまう、床に滑ってしまうなどすると、溺れる危険性があります。

腰掛けを付ける

人が1人座れるくらいのボードをフタのようにして渡せる腰掛けを付けると、足腰が弱っても、浴槽内への出入りがスムーズにできます。外側だけでなく、浴槽内部に取り付ける腰掛けも便利です。浴槽自体の深さにもよりますが、立ったり座ったりが楽になります。いずれも取り外せるものなので、必要な人だけが利用することができます。

昇降リフト

入浴に介助が必要なときに便利な昇降リフトもあります。座面に座れば、自動的にお湯の中への出入りができるので、介助する人にとっても楽な設備です。

脱衣所のバリアフリー設備

浴室のバリアフリー化は、脱衣所もセットで考えましょう。脱衣所のバリアフリーの設備としては、次のようなことが考えられます。

高さを変更できる洗面カウンターを用意

洗面台を固定のものではなく、高さを変更できるカウンタータイプのものに変えることができます。もしも車椅子で生活しなければならなくなったときに重宝します。もちろん、通常の高さで使うこともできます。

車椅子を入れることができるスペースを用意

車椅子で生活することになったときのことを考えて、自由に車椅子で出入りできるスペースを確保しておきたいところです。

手すりを付ける

車椅子が出入りできるだけのスペースが確保できない場合は、脱衣所の入り口から洗面台まで、手すりを付けておくという方法もあります。

浴室のリフォームは、扉も含めた浴室・浴槽・脱衣所の3セットで考えることがポイントです。昇降リフトなどは絶対に必要というものではありませんが、滑りにくい床や開けやすい扉は、家族の誰にとっても使いやすいはず。浴室をリフォームする際は、老後のことも見据えて、バリアフリーを検討すると良いでしょう。

バリアフリーなお風呂に!
お風呂・浴室の工事・リフォームをご検討の方はこちら。