• 商品検索
  •  |  詳細検索
商品詳細検索
  • 価格帯から選ぶ
       
  • 電話問合せ番号を入力
  • 除外キーワードを入力
  1. [給湯器]ガス給湯器の寿命と耐用年数につ…

新元号「令和」記念キャンペーン2019/5/17(金) - 5/24(金) 18:00まで ※キャンペーン価格は上記期間のみ対象です。

取付工事承ります! 工事見積もりはこちらから

アフターサポート

fax FAXでご注文はこちら Adobe Reader

ガス給湯器の寿命と耐用年数について

「お湯が出ない!」急に壊れてしまって慌てがちなガス給湯器。
特に水道の水温が低い冬は、冷たい水からお湯を沸かすため、給湯器の負担が大きくなり故障が多くなります。
給湯器の寿命・耐用年数を知って、賢く計画的に交換されることをおすすめいたします!

給湯器の寿命は約10年

ご家族構成や使用頻度にもよりますが、家庭用ガス給湯器の耐用年数は約10年が目安といわれています。
経年劣化による部品の摩耗や基盤の故障などが主な原因です。

メーカーで定められている設計標準使用期間(標準的な使用条件の下で、安全上支障なく使用することができる期間)は「10年」と設定されています。
通常発売から10年で部品の製造も終了してしまうため、10年以上たった給湯器が故障した場合は、修理対応ができなかったり、対応できても修理費がかさむ場合があります。
そのため給湯器の交換時期は、設置後10~15年を目安としてお考え下さい。

一度故障が起きた給湯器は、同じように他の部品も経年劣化しているため二度三度と修理することも多々あるようです。
何度も修理を繰り返すよりは、省エネにも優れた新しい給湯器に取り替える方が経済的とも言えます。

給湯器のこんな症状は故障・交換のサイン

こんな症状が出たらガス給湯器が故障するサインですので要注意!

  • お湯の温度が、設定温度よりもぬるくなったり上がったり安定しない
  • 給湯器から異音がする
  • 給湯器本体から水漏れしている
  • お湯は出るけれど、お湯はりができない
  • ふろ給湯器の追焚きができない

給湯器の設置から数年でこれらの症状が出る場合は、お使いの給湯器メーカーのメンテナンス窓口にご相談されることをおすすめします。
あくまで目安ですが、設置から7年以上経過している場合は、修理・交換の両方を視野に入れてご検討ください。
また、10年以上経過している場合には、修理よりも交換をおすすめいたします。
完全に故障してお湯が出なくなってしまう前に、早めの交換をご検討ください。